「次はきみの武器を選ぼう」王の間を出ると、ルドウィンはいい、サザレと並んでなにか話しながら足早に歩き始めた。
「わたしの武器?」ユナはびっくりする。「なんで武器なんているの? わたしが戦うわけじゃないでしょ?」
「お嬢さん」ルドウィンは振り向いた。「なにがあるかわからないんだ。きみの安全にはできるだけ気を配るが、なにか自分で身を守るものも持っていてほしいんだよ」
「きっと、お気に召すものがありますよ」サザレがいう。
 ユナは半信半疑だったが、広間に案内され、緋色の布の上に並べられた武器を見たとたん、すっかり心を奪われた。
 金や銀に輝く短剣には、柄やつばに色とりどりの宝石がはめ込まれ、大粒の真珠で飾られた剣もある。繊細な彫りがほどこされた短刀や、きらめく金のくさりかたびらも用意されていた。いずれもため息が出るほど美しい。
 だが、ユナがもっとも惹かれたのは、優美な曲線を描き、静かな光を放っている銀の弓だった。
「これにするわ」
「お目が高い」サザレはいい、弓を手にとって説明する。「こちらはルシナン製で、フィーンの国の銀で造られたものです。ご覧のとおり小型で引きは軽いので、十二の子どもでも引きこなせますが、威力は通常の弓に勝るとも劣りません。フィーンの銀は軽くてしなやかな上に、はがねのように強いのです」
 彼は弓を置き、革製の矢筒に入った矢をとりあげた。
「こちらの矢柄も、すべてフィーンの銀でできています。どんなときにも、決して折れたりしません」
「フィーンの銀? 気に入ったわ」
「ちょっと待った」ルドウィンが口をはさむ。「弓を手にしたことはあるのか?」
「あるわけないでしょ」ユナは、なにを聞くのかというように彼を見た。
「いいかい、お嬢さん」ルドウィンは彼女を見下ろす。「弓ってものは、熟練した腕なしでは役に立たない。それなしでは、ただの飾りだ」
「ただの飾りで結構よ。どうせ使わないんだから」
「こっちの方が実用的だ」ルドウィンは細身の短剣を取り上げる。宝石がひとつもついていない、ごくつまらないしろものだ。
 ユナはちらっと見て、弓に目を戻す。
「わたしはこれにするわ。でなきゃ、なにも持たない」
 ルドウィンはため息をついた。
「きみにはつきあいきれんね。じゃあ、勝手にするんだな。あとで泣き言をいっても知らんぞ」
「なによ、威張っちゃって」
 サザレが横で咳払いする。
「銀の弓矢、たまわりました。お次は、ユリディケさまからエレタナさまへお渡しする贈り物をお選びいただけますか」
 ユナは眉をひそめた。
「そんなものがいるの?」
「あったほうがよろしいかと。こちらでいくつかウォルダナの逸品をご用意しました。お薦めはローレアの香水です」
「ローレアの香水?」ユナは、ぱっと表情を変える。「それ、わたしがもらっちゃいけない?」
 ルドウィンが呆れたようにユナを見たとき、背後で口笛が響いた。
 ユナは振り向く。広間の反対側で、ヒューディが手を振っていた。
「ヒューディ!」
「ユナ!」
 ふたりは互いに駆け寄り、ひしと抱き合った。
「いてっ!」ヒューディが声を上げる。
「どうしたの?」
「いや||」後頭部をなでながら、ヒューディはいささかばつが悪そうに笑った。「なんでもないよ。それより、無事でよかった。もしものことがあったら、ぼくのせいだと||
「さあ。感激のご対面はそれくらいにして、急いで腹ごしらえをしよう」ふたりの後ろでルドウィンがいう。「明るいうちにできるだけ森を進みたいからね」
「森?」ヒューディは、ぞっとしたように彼を見た。「森って東の森ですか?」
「ルシナンに抜けるのに、ほかにどの森がある?」
「だって、東の森は危険ですよ。わけのわからないものが、昼間からうろついてるって噂です」
「灰色の奴らがうろついて、こちらを待ち構えている街道を行くのと、どちらが危険だと思うんだ?」
 
 ルドウィンがサザレと話しながら広間を横切っていくと、向こうから衛兵たちがやってきた。フォゼとジョージョーを連れている。
「ルドウィンさま、こいつらをどうしましょうか?」
 後ろ手に縛られたまま衛兵のひとりに突きだされ、少年たちはよろめきながら彼の前に立った。
「わたしが戻るまで地下牢にぶち込んでおけ。処分はあとから考える」彼はいまいましげにふたりをねめつける。
「ルドウィン王子、後生ですから地下牢だけは勘弁してください」フォゼはすがるような目で哀願した。「今度のことはほんの出来心なんです。どうかお許しください。お礼にもらった金貨もいりません」
「当たり前だ!」ルドウィンはぴしゃりという。
「お願いします。もう決して悪いことはしません。どうか見逃してください」フォゼはひじで相棒をこづき、「おまえも謝れよ!」
「ご||ごめんなさい」ジョージョーは蚊の鳴くような声を出す。
「いまおまえたちを逃がすと、どんなことになるかわかってるのか?」
 フォゼは当惑してルドウィンを見た。
「おまえらの首には、凶悪犯として賞金がたんまりかかっている。ルシナンの旅人殺しの罪でね」
「そんな||。どうして疑いを晴らしてくれなかったんです? あんなに協力したのに」
「時間がなかったからな。黒松亭のあるじが似顔絵を描いて、そこら中に貼っている。その貼り紙になんて書いてあるか知りたいか?」ルドウィンはにやりと笑う。
 フォゼとジョージョーはかたずを呑んだ。
「『残虐な旅人殺し。賞金二千ルピカ。生きたままでも死体でも』」
「あんまりだ……」フォゼはつぶやく。
「命が惜しかったら、地下牢でおとなしくしてるんだな。それに、おまえたちはちょっとばかり知りすぎたようだ」
「なにも知りません!」フォゼは首を振る。「なにひとつ。なあ、ジョージョー?」
「そ||そうです。水晶にきれいな女の子が映ってるなんて、全然||
「このばか!」
 そのとき、ルドウィンの後ろから、ユナが顔をのぞかせた。
「ねえ! この子たちなんなの?」
 フォゼはあっと声を上げる。
「このひとだ!」
「さて」ルドウィンは腕組みをしてフォゼを見たあと、衛兵に命じた。「連れていけ!」
「ま||待ってください!」衛兵に背中を押されながら、フォゼはいいすがる。「これからどこかへ行くわけでしょう? きっとルシナンですよね? だったらお供します。それなら秘密も漏れないし」
「冗談も休み休みいえ」
「そうだよ」とヒューディ。
「ねえ、いったいなんなのよ?」ユナがいらいらしたようにいった。
「あとで説明する」ルドウィンはいう。「行くぞ」
 立ち去る彼らの背中に、フォゼの叫び声が響いた。
「ルドウィン王子! 街道は奴らが見張ってます! ルシナンへは東の森を抜けないと! だったら俺たちが要りますよ! 東の森の抜け道にかけては、俺たちほど詳しい者はいませんから!」
 
 一行はごく少人数だった。ルドウィンと近衛兵の精鋭ヤン、ユナ、ヒューディ、そしてフォゼとジョージョーの六名である。
 ルドウィンは、この先自分は、ルドウィン王子ではなくただのルドだといい、間違っても殿下などとは呼ばないよう念を押した。
 それぞれに馬が用意され、ユナは葦毛の馬を与えられた。おだやかな黒い目をした馬だった。
 ユナはやわらかな鼻面をなでて、よろしくね、とささやく。葦毛はその黒い目で、彼女をやさしく見つめ返した。
 都の外れまで、側近のサザレが送ってきた。
「現地に着いたら使いを送る」ルドウィンはいった。「援軍の準備を整えて待っていてくれ」
 美しく晴れた春の一日だった。ローレアに染まる草原の起伏が、絵のように広がっていた。
 
 
           第Ⅰ部 終わり