8

 目を覚ますと、隣のベッドは空だった。
 ユナは窓に目をやる。レースのカーテンを透かして、澄んだ夜明けの空が見えた。
 昨夜の出来事は、すべて夢だったのではないか。一瞬ほのかな期待を抱く。けれども、身体を起こすとあちこちが痛み、青あざや擦り傷があった。騎士の足をつかんでダンスフロアーに倒れたことがよみがえる。ユナはぞっとして、嫌な記憶を押しやった。
 ひと晩中眠れず、うとうとしただけだと思っていたのに、いつしか眠っていたようだ。レアナが起きたことに気がつかなかった。
 ダンスパーティで朝まで戻らないはずだったから、今朝はロデス伯父が馬の世話をしてくれることになっている。だが、レアナも手伝っているのだろう。
 着替えをすませて表に出ると、少し熱っぽい身体に、冷たい空気が染みた。
 馬小屋の前では、ロデス伯父が馬にブラシをかけていた。小屋の掃除はすっかり終わっている。
「おはよう、ロデス伯父さん」
「ああ、おはよう」伯父は気遣うようにユナを見る。「起きなくてよかったのに」
 伯父も眠れなかったに違いない。目の下にくっきりと隈があり、ユナの胸は痛んだ。
「目が覚めちゃって」彼女は眉を上げ、にっこりしてみせる。「レアナは?」
「鶏小屋だよ」
「ありがとう。手伝ってくるね」
 
 ユナとレアナは、互いに言葉少なに鶏の世話をした。
 ふたりが母屋に戻ると、イルナ伯母がバスケットをテーブルに置いた。かぶせたナプキンのあいだから、香ばしく甘酸っぱい香りが漂う。
「レアナ。学校の行きにちょっと寄り道をして、パスターさんに届けてくれない? ゆうべ送ってくださったときに渡そうと思って、レモンの焼き菓子をこさえたのよ」
「イルナ伯母さん、わたしが行ってくる」ユナがいった。
「いいわよ、ユナ。大して遠回りじゃないもの」レアナはユナを見る。
 あなたには王子との約束があるでしょう?そういっているのがわかった。
「時間はあるわ」ユナは、くちびるだけ動かしてレアナに伝える。それから、声に出していった。「いいの。わたし、気晴らしに歩きたいから」
「じゃあ、ユナに頼みましょう」イルナ伯母はいい、家の中を見まわす。「何日もいたわけじゃないのに、ヒューディがいないと、なんだかぽっかり穴が空いたようね。パーティが暴漢に荒らされたのでは、ショックを受けるのも無理はないけど、せめて荷物を取りに寄ってくれたら、さよならのひとこともいえたのに」
 その暴漢の標的がヒューディだったと知ったら、伯母はなんというだろうか。
「ゆうべは、みんな、ひどいパニックだったから」
 ユナはいい、レアナが神妙な表情でいいそえる。
「いま思えば、引き止めればよかったわね。でも、あのときは、ユナもわたしも自分のことで精いっぱいで」
 伯母は黙ってうなずき、大きなため息をもらす。
「でも、イルナ伯母さん」ユナは務めて明るい声でいった。「荷物を置いていったってことは、すぐに戻ってくるってことよ」
 
 ユナは、朝食もそこそこに家を出た。
 ||いってらっしゃい、ユナ。気をつけてね||
 先ほど、表まで見送りに出て、そういって抱きしめたあと、レアナは、澄んだブルーグレイの瞳で彼女を見つめた。
 そのまっすぐなまなざしが、ユナの胸を刺す。
 レアナには話していなかったが、どうしてもルシナンに行く気持ちにはなれなかった。自分が伝説にかかわっているとはとても思えず、ルドウィン王子のことも信じ切れないのだった。
 けれども、レアナだったら、きっと行く。昨夜、馬車の中で話を聞いたとき、迷うことなく決心したに違いない。
 ||いわせてもらえば、お嬢さん。こっちだって信じたかないよ。きみのような娘がルシタナの生まれかわりだなんて、どこでどう間違ったか、天に聞きたいくらいだ。もっと謙虚で、聡明で、真の勇気と優しさをそなえた女性であるべきなのにね||
 ユナはため息をつく。ルドウィンのいうとおりだ。ルシタナの生まれかわりは、レアナのような人であるべきだったのだ。
 
 小さな丘を越えると、朝の光にきらきらと輝く川と、水車小屋が見えてきた。水の流れる音と、水車が回る陽気な音に、少しだけ心がなごんだ。
「おはよう、パスターさん」水車小屋に着いて、扉をノックする。
「やあ、ユナ」すぐに扉が開いた。「おはよう」
「ゆうべはごめんなさい。言伝わかった?」
「ああ。気がついたよ。パーティで知り合った男性に送ってもらったんだって? レアナには決まった相手がいるようだから」パスターさんは片目をつむり、「その幸運な男性はおまえさんのお相手かな」
 昨夜の言伝には、パーティで知り合った人に送ってもらって帰ってきたとのみ書いておいた。パーティが襲撃に遭ったことや、ヒューディがもういないことは、いずれ村の誰かから伝わるだろう。
 ユナは軽く肩をすくめ、まあね、とだけこたえて、バスケットを差しだす。
「これ、イルナ伯母さんからことづかってきたの」
「おっ」パスターさんはナプキンをちらっとめくった。「うまそうだな。ありがとう。かみさんの好物だ。いまペベットの農場だが、きっと喜ぶよ」
「馬のお産?」ユナは聞く。
 パスターさんの奥さんは村の助産婦だが、難産の動物の出産に立ち合うこともある。興奮する動物を魔法のようになだめて、無事に子どもを取りあげるので、あちこちの農場から頼りにされている。
「羊だよ。真夜中にお産が始まって、どうも様子がおかしいって呼ばれてな。ま、動物はよく満月の前後に子を産むし、ゆうべは満月だったから、かみさんも覚悟してたよ。
 うちのセイルも満月の夜に生まれたから、かみさんは動物に近いってことだな。道理で馬や羊と話が通じるわけだ」
 パスターさんはそういって、からからと笑う。
「かみさんには内緒だよ」
 ユナも思わずつられて笑った。
「わかった。黙っとく」
「そうだユナ、ちょいとここにいてくれるかな。いまごろ無事に終わってるだろうから、ひとっ走り迎えにいきたいんだ。セイル、母親がいないせいか、朝飯のあとぐずって寝ちまって。粉を挽いてるから、ひとりで置いておくのも気になるし」
「いいわよ」ユナはうなずいた。
 王子が迎えをよこすといった時間には、まだ少し余裕がある。
「すまんな。すぐに戻るよ」
 
 ユナが台所の棚から陶器の壺を下ろしてテーブルに置き、レモンの焼き菓子を壺に移していると、セイルが顔をのぞかせた。ユナは笑顔でいう。
「おはよう、セイル」
「おはよう」セイルは、まだ眠そうに目をこすりながら、そばにやってきた。
「お父さんはお母さんを迎えにいったわ」
「それ、なあに?」セイルは背伸びをしてバスケットと壺をのぞく。
「レモンの焼き菓子よ。イルナ伯母さんがこさえたの。外に持っていって、ひなたぼっこしながら食べようか?」
 セイルはうれしそうにうなずいた。
 ユナは片手にバスケットを抱え、片手でセイルの手を引いて表に出る。
 そのときだった。陽気な水車の音を縫って、荒々しいひづめの音が聞こえてきた。