第Ⅱ部 ダイロスの剣

10

 雲ひとつない空のもと、一行は東の森を目指して草原を進んでいった。
 これまでのところ、追っ手の気配はない。ウォルダナの春にしてはめずらしく気温が上がり、森にさしかかるころには、馬も乗り手もすっかり汗ばんでいた。
「ローレア」ユナは、葦毛の首をいたわるようになでる。イーバという名前だったが、なんだか似合わない気がして、そう呼ぶことにしたのだった。「やっと日陰に入れるね」
「涼しくなるのだけは助かるよ」並んで進みながら、ヒューディがいう。「東の森を通るのは気が進まないけど」
 もちろんユナも、東の森のうわさは聞いていた。うっそうとして昼なお暗く、深いところではしんばんが狂うとか、人を何年も眠らせる霧が出るとか、得体の知れない化け者がうろついているとか、そういったたぐいのものだ。
 ユナは、噂などというものは、はなから信じていないが、黒々とした森を前に、なにやら胃のあたりが重くなってきた。
 そして、森に一歩踏み入ったとたん、背中がぞくっとした。あたりの温度が急に下がったせいだろう。太陽の光はほとんど届かず、ところどころ、背の高い木々のあいだから、かすかに射しているだけだったから。
 ジョージョーが立て続けにくしゃみをした。
「ジョージョー」ユナは声をかける。「だいじょうぶ?」
「あ||あんまり」その声はふるえている。「俺も、この森を通るのは気が進まないんだ」
「フォゼ」先頭に立っていたルドウィンが、馬を止めて振り向いた。「ここからはおまえが先頭だ」
 フォゼはぎくっとして彼を見る。
||俺が? このぶっそうな森で?」
「案内役が先に行かなくてどうするんだ?」
「でも||ルドウィン王子||
「フォゼ」ルドウィンは鋭くさえぎった。「口が裂けてもその呼び方はするな」
「ル||ルド」フォゼはいいなおす。「俺、うしろから指示を出すから、みなさんお先にどうぞ。もしなにかが襲ってきたとき、きっと俺じゃ頼りにならないし||
「慣れた森なんだろ?」
「そうだけど||それとこれとは||」フォゼの額から汗がしたたり始める。
「地下牢に入りたいのか?」
「い||いえ||そんなわけじゃ||
「だったら、つべこべいわずに先に行け」
 フォゼは、のろのろと先頭に立った。そのあとは、ジョージョー、ユナ、ルドウィン、ヒューディの順で、大男のヤンがしんがりである。
 彼らは黙ったまま、道なき道を進んでいった。
 あたりは、何百年、いや、おそらく千年も前からこの森にあって、じっと歴史を見てきたような巨木ばかりだ。地面には、そうした木々からうねるように張りだし太い根を埋めるように、何十種類ものシダや苔がびっしりとはびこっている。
 突然頭上で、ギャーッと鋭い声が響き、ジョージョーが悲鳴を上げた。
「オオネコガラスだ」ルドウィンが後ろから声をかける。
「ああ、驚いた。心臓が止まるかと思った」ジョージョーはいった。
「おまえの声のほうがよっぽど怖いよ」フォゼが振り返って文句をいう。「前来たときも聞いたろ?」
 そのそばから、ふたたびギャーッと声が響き、ジョージョーは鞍の上で飛び上がった。
「そ||そうだけど||こんな近くじゃなかったよ」ジョージョーはすっかり怯え、その後も物音がするたびにびくびくした。
「ジョージョー」ユナがいう。「そんな恐がりで、よく水晶を盗もうと思ったわね」
「自分でも、いつも不思議に思うんだ」
「いつも? いつもってどういう意味?」
「ジョージョーはいつも臆病なんだよ」フォゼがまた振り返る。「いわば、生まれつきってやつさ」
「そうなの? でも、使者が襲われるのを目の前で見て、死ぬほど怖い目に遭ったのに、その人に頼まれた言伝を届けに都に行ったんでしょ? それって、すごい勇敢なことじゃない?」
 ジョージョーは真っ赤になった。ユナは思わずにっこりする。ジョージョーったら、照れ屋さんなのね。
「ふたりとも十五歳なんだっけ? ふだんはなにをしてるの?」ユナは聞き、いたずらっぽくいいそえる。「事件を目撃したり、出来心で泥棒したりするほかはって意味だけど。学校に行ってるの?」
「俺たち働いてるんだ」フォゼが再三振り返ってジョージョーを見る。「な、相棒?」
「なんの仕事?」
「その、なんだ、運搬業っていうのかな。な、相棒?」
「あ||ああ」ジョージョーは、半分キツネにつままれたような顔でうなずいた。
「あるところからあるところに、物を運ぶんだ。そうだろ、相棒?」
「そう。俺の特技は、開いている二階の窓から||
 フォゼは大きく咳払いをして、ジョージョーをさえぎる。
「うまく閉まらなくなった窓を、直したりするんだ。修理屋もやっててさ。こいつは高いのが平気だから、二階の担当で、俺はもっぱら一階専門。それよか、急に腹減ってきたな。胃が空っぽで、目が回りそうだよ。そうだ、ルド、ここらでちょいと休みませんか? なんかひと口、口に放り込んだりして」
「まだだ」ルドウィンはきっぱりといった。「時間も食料も、無駄にはできない。暗くなる前にできるだけ進まないと」
 
 森はますます深くなり、夕暮れが訪れると、光はほとんどささなくなった。
「よし。今夜はここで休もう」ルドウィンが声をかける。
「ここ||?」ユナはあたりを見まわした。「まさか、この森で野宿するの?」
「そのまさかだよ、お嬢さん。眠らずに進み続けるのではない限りね」
「そんなこと、聞いてなかった」ユナは泣きたい気持ちになる。
「きみは十七歳の成人を迎えたんだろ? それぐらいわかりそうなものだが」
「ユナ」ヒューディがそばにきて、やさしくいった。「東の森は、とてつもなく広いんだ。一日やそこらじゃ抜けられないんだよ」
 そこは木がまばらで、小さな広場のようになっていた。近くには沢があり、一行は、疲れた馬と自分たちの喉をうるおした。
 そのあと、何人かで薪にする枯れ枝を集めていると、ジョージョーがあっと声を上げ、ヒューディを後ろからひっぱった。
「うわっ」ヒューディはひっくり返りそうになる。
「そこに入っちゃだめだ」
「どうしたの?」ユナがそばに寄ると、宵闇よいやみに白くぼうっと浮き上がるように、きのこがぐるりと円を描いて生えていた。
 妖精の輪||白く光るのは初めてだけど、クレナでも時々見かけるきのこの輪だ。イルナ伯母によると、妖精の世界と人の世界の境界線で、向こうからは、こちらの姿がはっきり見えるという。だから、うっかり足を踏み入ると、妖精に連れ去られてしまうのだと。無論、単なる迷信だが、さすがのユナも、この森で試してみる気にはなれない。
「ありがとう」ヒューディがジョージョーにいったところへ、フォゼがやってきた。
「おっ、うまそうだな」
「よせよ、フォゼ」ジョージョーはぎょっとして、かがもうとした彼を止める。
「なんだよ。採るだけならいいだろ? 輪の中には入りゃしないって」
「採るなんて、もってのほかだよ」
「まったくです」
 いつのまにかヤンもそばに来ており、そういってうなずくと、言葉を継いだ。
「そんなことをしようものなら、口にしたとたんに、あの世行きでしょう。毒キノコです。しかも、猛毒の。胞子を吸っただけでも、幻覚や幻聴を引き起こすことがあります。食べるのはもとより、決してふれたり近よったりされぬように」
 
 ヤンが火を起こすと、ぽっとオレンジ色の暖かな火が燃え、それを囲むみんなの顔を照らしだした。
「どうぞ。元気がでますよ」ヤンは、パンをナイフで厚く切ってチーズを添え、ユナに差しだした。「いまにお茶も沸きますからな」そういって、ちょっとほほえむ。
 ヤンは五十過ぎで、上背のあるルドウィンよりもさらに背が高かった。
 王子が幼少のころから王室に仕え、彼に徹底的に弓や剣術を教え込んだ武術の師匠でもある。顔つきはいかめしいが、笑うとそれが一瞬のうちにあたたかな表情に変わった。だが、笑顔を見せることはほとんどなく、つねに控えめで物静かな男だった。
「あの灰色の奴らが追ってきてないかな」パンを細かくちぎりながらジョージョーがつぶやいた。
「しっ」ヤンが注意する。「この夜の中で、その者たちの名を口にしてはなりません。それと、覚えておいてください。あの者たちは、時に人を襲っては、その服を身につけることもあるそうです。フィーンの話では、二千年前にはそうした者はいなかったとのことですが、主を失って地上をさまよっているあいだか、あるいは、主が甦ったあとなのか、ごくわずかながら、そうした術を身につけた者が現れたそうです」
 ヤンは言葉を切り、しばし沈黙が落ちた。
「じゃあ||」ヒューディが聞く。「普通の人と見分けがつかないってことですか?」
「いいえ。ひとつ、見分ける方法があるのです」ヤンはこたえた。「あの者たちは、永遠の命を得るために魂を売った存在。彼らには、影がないのです」
 
 ささやかな食事のあと、彼らは夜番を立てて眠ることにした。宵の口から深夜までと、深夜から夜明けまでの二交代。一度務めれば、少なくともひと晩は休める勘定だ。
「最初は、わたしが務めましょう」ヤンが申しでる。
「よし。あとはくじで決めよう」ルドウィンがいった。「ユナとジョージョーはふたりでひと組だ。ヒューディ、用意してくれ」
 ヒューディは細い枝を四本集め、そのうち三本に印をつけて、みんなにさしだす。
「さあ、好きなのを選んで。傷ひとつなら明日の前半。二つなら明日の後半。三つだったら明後日の前半。なにもない枝なら大当たり。今夜の後半だ」
 最初にユナが引いた。傷は三つ。
「わたしたち、明後日の前半ね」ユナはにっこりしてジョージョーを見る。
「よかった」ジョージョーはほっと息をついた。
 続いてフォゼが引く。傷はひとつ。
「明日の前半か」フォゼはつぶやいた。
 最後にルドウィンが引く。傷は二つだった。彼は、手もとに残った枝を呆然と見つめているヒューディの肩をぽんと叩く。
「大当たりだな、坊や」片眉を上げてにやりと笑い、「まかせたよ」