ユナは、シダの上に敷いた布の上で、小さく身体を丸めて、どうにか眠ろうと努めていた。慣れない旅で疲れ果ててはいたが、寝心地は悪いし、まわりの古木にじっと見つめられているような気はするし、地面のシダからは、いまにもわけのわからないものが飛びだしてきそうで、まったく気が休まらない。
 けれども、実際には、気味が悪いほど何の動きも何の音もなく、時おりなきどりが不気味な声をあげるほかは||ジョージョーはそのたびにガチガチと歯を鳴らした||敵意をはらんだ静けさがあるばかりだった。
 ひとつため息をつき、身体を伸ばして寝返りを打とうとしたとき、なにかが足先をった。
「ヒューディ、それわたしの足よ」
「ぼく、なにもしてないよ」隣から眠そうな声が聞こえた。
「ううん、ほら、またさわった」
「ほんとになにもしてないって」
 ユナは、頭を起こして目を凝らす。
 焚き火の明かりにぼうっと浮かんだものは、チョロチョロと動き回る、一匹の巨大なネズミの姿だった。
 ユナはすさまじい悲鳴を上げる。
 全員が飛び起きた。
 ジョージョーは連鎖反応的に叫び、ルドウィンは短剣を抜き、ヒューディは立とうとして木の根につまずき、フォゼは食料の入った袋をしっかりと抱え込んだ。
 ただひとり、夜番をしていたヤンだけが、ユナの足もとから走り去った生き物を見ていた。
「モリネズミです」彼はいった。「きわめておとなしい性格で、人に危害は与えません。見た目はとても大きいですが」
「大きい? 大きいどこの騒ぎじゃないわ」ユナはあえぐようにいった。「それに、ただでさえ、ネズミはこの世で一番苦手なんだから」
「ネズミだって?」ルドウィンがいう。「たかがネズミ一匹で、みんなを起こしたのか?」
「起こしたわけじゃないわよ」
「あれだけの声を聞けば、誰だって目を覚ますよ。森中に響いたじゃないか。われわれはここにいますって、いいふらしたようなもんだ。ネズミが嫌いなら、嫌いでけっこう。ただし、今後いっさい、ネズミを目にしても悲鳴を上げるんじゃない。絶対に」
「そんなの無理よ」ユナは懸命に涙をこらえていった。「あなただって、苦手なものはあるでしょう?」
「ああ。ひとつだけあるね」ルドウィンは横になりながらいう。「女の悲鳴だ」
 もう我慢の限界というものだった。
「あなたにいっておくことがあるわ!」ユナはいった。「わたしが来たのは、あなたのばかげた昔話ごっこにつきあうためじゃないのよ。生まれかわり? 伝説? 笑わせないでよ。わたしが来たのは、わたしが残れば大切な人たちを危険に巻き込んでしまうから。ただ、それだけ。そのなんとか本部ってとこに着いたら、一歩も動きませんからね! ルド、ひとつ教えてあげる。あなたは頭がどうかしてるわ!」
 一気にまくしたてて、反応を待つ。だが、聞こえてきたのは、規則正しい寝息だけだった。
「なんて人! ネズミもあんたも最低よ!」
「ユナ」ヒューディが彼女の肩を抱いてなぐさめた。「昔からネズミを怖がっていたものね。でも、ネズミのこともあいつのいうことも、気にしないでおやすみ。だいじょうぶ。ぼくがついてるよ」
 ユナはすすり泣き、小さくうなずく。
「ヤン」フォゼの声が聞こえた。「そのどでかいモリネズミってのは、丸焼きにして食えるの?」
 
 ヒューディは、誰かに肩を揺すられて目を覚ました。
「交替の時間です」そうささやく声が聞こえ、ヤンがすぐわきでひざをついていた。
 ぼうっと彼を見つめたあと、これから朝まで寝ずの番をしなければならないことを思いだし、急いで身を起こす。フォゼに殴られた後頭部がズキンと痛み、ヒューディは顔をしかめた。それから、身体にかけていた上衣をはおり、焚き火のそばに座る。
 炎は暖かいのに、背筋がぞくぞくした。自分をぐるりと取り囲む闇は、無言の力で彼を威圧し、暗がりの中から、何千何万という目が、隙あらば陥れようと、じっと様子をうかがっているような気がした。
 時間はほとんど止まっているとしか思えないほどのろのろと過ぎ、朝は永遠に来ないかと思われた。
 ガサッという小さな物音に、ヒューディは我に返った。いつのまにかうとうとしていたらしい。
 しまった。ほおを両手ではたく。しっかりしなくては。
 ザッ。またかすかな音がした。後ろからだ。なんだかいやな感じがする。ヒューディはそっと振り向いた。なにも見えない。
 ザザッ! もう一度。今度ははっきり、すぐ近くから。ヒューディは視線を落として、思わずわっと声を上げた。人間の腕ほどもある木の根が、彼の足もとににじり寄っていたのだ。
 木の根は、指のように何本にも分かれた先端を、地面からもたげるように近づいてきたかと思うと、彼が飛びのく間も与えず、右足につかみかかって、恐ろしい力で引っぱった。
「わーっ!」ずるずると引きずられながら、ヒューディは短剣を抜き、夢中で切りつける。
 木の根がギャッと叫んだ。
「どうした?」ルドウィンが飛んできた。
「根っこが||木の根っこが襲ってきたんだ」ヒューディは短剣を握りしめ、肩で息をしながらいう。
「根っこ?」ルドウィンは、ヒューディが切り落とした木の根を取りあげた。「こいつのことか?」
 ヒューディは何度も首を縦に振る。
「なにを寝ぼけているんだ? ただの木の根じゃないか」
「ただの木の根じゃないよ! そいつはちょっとずつこっちに伸びてきて、足をつかんでここまで引きずってきたんだ」
「ヒューディ。恐い恐いと思ってると、人はまぼろしを見るんだ」
「幻なんかじゃないよ。この目で見たんだ」
 ルドウィンはかぶりを振ると、つかんでいた木の根を、無造作に投げ捨てた。
「さあ、もう夜が明ける。沢で水を汲んできてくれ。ついでに顔も洗って、しっかり目を覚ますんだな。迷子になるなよ」
 
 ヒューディは水おけを手に、ぶつぶついいながら沢に向かった。
「絶対に幻なんかじゃないよ。あの根っこは、確かに足をつかんで、ものすごい力で引っぱったんだ」
 沢は近く、昨日も馬を連れて行ったばかりで、水音をたよりにすぐに着いた。迷子になどなりようがない。
「まったく、人のことをからかって、あいつはいったいどんな教育を受けてきたんだ?」ヒューディは苔や草に足をとられながら水辺に降りてゆく。
 夜明け前のおぼろげな世界。深い森を縫うように流れる水は清らかだった。両手ですくって飲むと、身体がすみずみまで清められ、生き返る心地がした。王子に対する腹立たしさも、いつしか静まってゆく。
 顔を洗い、水桶を満たして立ちあがったとき、足もとに霧が流れてきた。振り返ると、真っ白な霧が斜面を埋め尽くしながら、生き物のように降りてくる。一瞬にして、足もとが見えなくなった。
 嫌な予感がした。ヒューディは、地面を踏む足の感覚を頼りに、急いで斜面を登る。そして、息を呑んだ。あたり一面、霧におおわれている。野宿をした場所はすぐ近くのはずなのに、どちらに進んだらいいのかまるでわからない。
「おーい!」呼びかけてみたが、返事はなかった。
 仕方なしに、流れる霧のなか、こちらだと思える方へ歩き始める。
「おーい!」もう一度、立ち止まって呼びかけてみた。
 なにか聞こえなかったか? はっとして耳をそばだてると、奇妙な笑い声がした。
 キキキキキ……。なにかが軋むような音に近い。
「誰だ!」
 そう叫んだ瞬間、霧がぼうっと光り、異様な化け物が飛びだしてきた。
 きのこそっくりで、手も足もなく、かさの部分に、カエルのそれに似た無表情なふたつの目と、ぱっくり横に大きく裂けた不気味な口がついている。その口をしきりに動かしながらキキキと笑っているのだった。丈はヒューディの胸ほどもあり、なかば透けるように白くぼうっと光っている。
 ヒューディは立ちすくんだ。腕から力が抜け、水桶が地面に落ちる。
 それを合図にしたかのように、胴体だけの化け物は、目にもとまらぬ速さで襲いかかってきた。
 ヒューディはとっさに短剣を抜き、夢中で切りかかる。
 なにか、かためのゼリーでも切るような、いやな手応えがあった。
 化け物はキーッと声を立て、真っ二つになって転がった。と、ほっと息つく暇もなく、それぞれがむっくり起きあがり、上半分だったものは下半分が、下半分だったものは上半分がみるみるうちに生えてきて、もとのような化け物が二匹できあがった。
 それらが順に飛びかかってきたので、ヒューディは必死で剣を払った。すると、それぞれ真っ二つになった化け物は、いずれもまたもとのようになり、四匹になった。
 そうして、次第に霧が薄くなるなか、キキキと笑いながら襲いかかってくる。ほかになすすべもなく切りかかると、化け物は八匹になった。ヒューディはもう倒れそうだった。短剣を振りまわしながら、必死に策を考える。
 そうだ! あの手しかない。
「わーっ!」ヒューディは、大声で飛びかかっていく振りをして、くるりと方向転換する。
 逃げるが勝ちだ!
 水桶をつかんで脱兎だっとのごとく駆けだした彼のあとを、化け物たちは、奇声を発しながらいっせいに追ってくる。
 ヒューディは振り向きもせずに走った。そして、沢のところまで戻ったことに気づく間もなく、草と苔で覆われた斜面を転がり落ちていった……。
 
 ずぶ濡れになって戻ってきたヒューディを見て、ルドウィンは目を丸くした。
「どうしたんだ? 顔を洗ってこいとはいったが、身体を洗ってこいとはいわなかったぜ」
「朝飯食わずに待ってたのに。もう少しで飢え死にするとこだったじゃないか」フォゼが文句をいう。
「こっちは、もう少しで化け物の餌食になるとこだったよ」ヒューディはいった。
 なにかの冗談だと思ったのか、みんなきょとんとした。ヤンだけが心配そうに彼を見つめ、その手から水桶を受けとる。
「さあ、濡れた服を脱いで、火におあたりなさい」
「そうよ、ヒューディ。ふるえているじゃないの」ユナもいう。「服のまま水浴びするなんて、ちょっと大胆だったわね」
 ヒューディは、さっと彼女の手をとった。
「見たんだよ! きのこの化け物を! 突然霧がぼうっと光ったと思ったら、目の前に飛びだしてきて、変な声で笑って、半分透き通ってて、夢中で切りつけたら二匹になって、切れば切るほど増えていって、しまいに八匹になったんだよ」
「また幻を見たのか?」ルドウィンがいう。
「違うって、ルド、幻なんかじゃないよ! この目でちゃんと見たんだ。あれはまぎれもなく化け物だよ」
「へんな声で笑って?」
「そう!」
「半分透き通ってて?」
「そう!」
「切ると増える?」
「そう! ここは人間が来るところじゃないよ!」
「じゃあ聞くが、その化け物ってのは、どこに行ったんだ?」
 ヒューディは言葉につまる。
「消えた……」
 ルドウィンは指先で二度彼のほおを軽くたたく。
「それが幻ってもんさ。ちゃんと目を覚ませば、あとかたもなく消える」
「ヒューディ」ユナが彼の腕に手をかけた。「早く着替えた方がいいわ。風邪引くわよ」
「ユナ、きみは信じてくれるよね?」
「可哀想に、ヒューディ」ユナはやさしくいった。「慣れない夜番なんかして、きっと疲れているのね」