4

 ユナは見知らぬ森を歩いていた。夜明け前の青い世界。地上近くを、霧がゆっくりと流れている。
 美しい森だった。木々のこずえを見あげると、かえでに似た透けるような葉を通して、名残なごりの星々が瞬いている。
 やわらかな草の感触に、ユナは足もとに目を落とす。霧が流れるあいま、素足の指先が見えた。身にまとっているのは、ひざ丈の白い古風なローブ。そのローブもユナの身体も、淡い光を帯びている。
 どこかで春歌鳥はるうたどりが歌い、それから、鳥たちのコーラスが始まった。
 ユナはふと足を緩める。誰かが後ろから歩いてくる。誰か、とても大切な人だ。愛おしさに、胸の奥がきゅっと痛む。だけど、いったい誰だっただろう?
 ユナは振り返る。
 その瞬間、真っ白な霧がすべてをおおい、森もなにもかもが、とけるように消えていった……。
 
 ユナは目を覚ました。レースのカーテンを通して朝の光が降りそそぎ、窓辺のサンザシでは春歌鳥が高らかに歌っている。
 ユナは瞬きした。夢||。夢を見ていた。
 子どものころから繰り返し見た夢。いつも見知らぬ森にいて、いつも誰かが後ろから歩いてくる夢。そして、誰なのか確かめようと振り向いたとたん、なにもかもが霧のなかに消えてしまう……。
 もう何年も見ないまま、ずっと忘れていたのに、どうしていまごろまた見たのだろう。
 ユナは目をこすり、隣の寝台を見る。
 レアナの姿はなかった。
 きっと馬小屋だ。馬の世話はユナの仕事なのに、彼女が寝ていると、レアナはいつも代わりにやってくれる。そして、ごめんねとあやまるユナに、馬は好きだから全然かまわないといい、またユナを甘やかしてと文句をいうイルナ伯母には、わたしの方が半年お姉さんなのだから、ユナを守ってあげないと、と、明るく笑うのだった。 
 ユナはため息をもらす。
 レアナが都の大学に行ったら、寂しくなるのは、生徒たちよりわたしの方だ。
 
 その午後、ユナは伯母の使いで水車小屋に行った。いつものあらきの粉を頼むと、パスターさんは笑顔でこたえた。
「急ぎじゃなければ、あとで届けるよ」
「ありがとう。いいの?」
「もちろんさ」パスターさんは、まかしとき、というように片目をつむり、奥の住まいに向かって呼びかける。「おーい、セイル! おまえの大好きなユナがきてるよ!」
 奥から小さな足音がパタパタとして、愛くるしい女の子があらわれた。パスターさんのひとり娘。今年五歳になったばかりで、顔いっぱいに笑みを浮かべ、ユナに駆け寄る。
 抱き上げて、ふっくらしたほおにキスの雨を降らせると、セイルは声を立てて笑った。
 水車が陽気な音を立てて回るなか、ふたりはのんびり川辺を歩き、暖かな陽だまりに座る。
「ユナ」セイルがユナを見あげた。
「なあに、セイル?」
「ランドリア王子とエレタナ王女のお話をして」
「いいわよ」
 ランドリアとエレタナの伝説は、セイルのお気に入り。ユナとレアナも幼いころ、イルナ伯母に何度となくねだったものだ。
 セイルは期待に満ちた瞳で待ち、ユナはゆっくりと話し始める。
「それは遠い昔、ダイロスという王子がいました。輝く金色の髪に海のように青い瞳をした、それは美しい王子でした。
 ダイロスは、学問にも武術にもひいでて、魔術をあやつることもできました。そしてあるとき、その魔術で、フィーンの国エルディラーヌから、大いなるダイヤモンドを奪ったのです。
 それは、フィーンの輝ける命を守る、聖なるダイヤモンドでした。
 ダイロスは、王であった兄を殺して、みずから王位につきました。そして、フィーンのダイヤモンドで輝く剣を造ると、特別に鍛えた銀で、同じ形の剣を造ったのです。
 いまはダイロスの剣と呼ばれるダイヤモンドの剣は、光の剣と呼ばれ、光そのものでできているかのようにさんぜんと輝いていました。また、銀の剣は、影の剣と呼ばれ、底知れぬ暗黒をたたえていました。
 二本の剣は、それは恐ろしい魔力を秘めていました。ふたつの力が合わさると、人に永遠の命を与えることができたのです。永遠の命とひきかえに、ダイロスに忠誠を誓う者はあとを絶ちませんでした。灰色のマントにすっぽり身を包んだ、見るも恐ろしい騎士たちです」
「ユナ」不意に、セイルがおびえたように目を見開き、森の方を指さした。「その灰色の人たち、そこにいる」
「え?」ユナはそちらを見る。
 川辺で草をはんでいた水車小屋の馬が、どこか落ちつかない様子で、ぶるんと首をふるった。だが、馬はまた草をはみ始め、陽光にきらめく川の向こう、色とりどりの新芽に染まる森には、ただ風が吹き過ぎるばかりだ。
「誰もいないわ」ユナはセイルに向き直る。「怖がることないのよ。これは、うんと昔の話なんだから」
「でも、ほんとにいたよ。森の中に」セイルは泣きそうな顔をした。
 いったいどうしたのだろう。いつもじっと話に聴き入って、一度だって、こんなふうにさえぎったことはないのに。
 ゆうべなにか怖い夢を見たのだろうか。もしかして、その夢の欠片が残っていて、心にいたずらをしたのかもしれない。
 ユナは、セイルを見つめてやさしくいう。
「きっと幻を見たのね」
「まぼろしって?」
「本当はないのに、そこにあるように見えてしまうもののことよ。だいじょうぶ。誰もいないわ」
 それでもセイルは、ひどく不安そうに川向こうの森を見やった。
「セイル」ユナはセイルの細い肩を抱き寄せる。「もしここにそんな奴が現れたら、わたしがセイルを守ってあげる」
「ほんと?」
「ほんとよ。約束する」
 セイルは笑顔になった。
「お話の続きをしましょうか?」
 セイルはうなずく。
「さて。ダイロスは、全世界を支配しようと戦争を始めました。灰色の騎士は、倒されてもすぐによみがえります。心臓を貫かれない限り、決して死ぬことはないのです。騎士たちは増え続け、暗い影が世界を覆いました。
 そんなとき、フィーンの預言者レクストゥールが、いったのです。
『希望を失ってはいけません。いまに必ず光の剣を手にして、影の力を止める者が現れるでしょう』
 その言葉はダイロスの耳にも届きました。ダイロスは預言を恐れ、光の剣を、迷宮と呼ばれた迷路のような宮殿の奥深くに隠し、灰色の騎士の中から選りすぐった九人に守らせました。彼らは死の従者と呼ばれ、どんな剣でも貫くことのできない魔法のよろいまとっていました。
 そうして、光の剣の力は封印され、ダイロスはもはや、不死の騎士を生みだすことはできなくなりました。
 とはいえ、その騎士たちからなる灰色の軍隊は、すでに途方もなく大きな力を持っていたのです。戦争は日ごとに激しさを増していきました。勇敢な若者が何人も、光の剣を奪いに旅立ちましたが、戻ってくる者はいませんでした。
 フィーンの王はエルディラーヌに各国の代表を呼んで、大会議を開きました。そして、その最初のばんさん会でのこと。人間の王子ランドリアは、紫色の瞳をしたフィーンの王女にひとめで恋をしたのです。そして、王女エレタナも、ランドリアと恋に落ちたのでした。
 けれども、限りある命の人間と永遠の命を持つフィーンの恋は、許されるはずもなく、ふたりはある夜、密かに駆け落ちし、人の世界へ逃げました。
 やがてふたりは、人里離れた森にたどり着き、ひとりの女の子をもうけました。
 女の子はルシタナと名づけられ、輝くばかりの美しい娘に成長しました。母エレタナの神秘的な紫の瞳を受け継ぎ、そのほほえみはのつぼみが花開いたよう。そして、その意志は、父ランドリアに似て鉄のように堅く、正義感にあふれていました。
 戦争が激しさを増してゆくなか、ルシタナは二十歳の誕生日を迎えました。そして、まさにその日、彼女こそがレクストゥールが預言した、ただひとりの者だと知らされたのです」
 セイルは、まじろぎもせずに聴いていた。長いまつげにふちどられた大きな瞳は、物語のゆくえを追って、遙かな世界をさまよっている。
 ユナはそっとほほえみ、話を続ける。
「ルシタナは、光の剣を求めて旅立ちました。けれども、その行く手には、悲しい最後が待っていました。一度は剣を手にしたものの、ルシタナは、あとを追ってきた死の従者に殺され、光の剣も奪い返されてしまったのです。
 怒りに燃えたランドリア王子は、ダイロスとの一騎討ちにのぞみました。
 すさまじい闘いの末、両者は胸を刺しちがえ、ともに倒れました。こうして、ランドリアはその正義に満ちた生涯に終止符を打ち、ダイロスもまた、その悪に満ちた生涯の幕を閉じたのです。
『これは終わりではない。わたしはいつの日か必ず甦り、そのときこそ、永遠の王国に君臨する』
 死の間際に、そういい残して……。
 それは、ダイロスの呪いだったのでしょうか。それとも、地上の争いに対する神の怒りだったのでしょうか。その後まもなく、人の世界は死の吹雪に包まれました。
 吹雪は何年ものあいだ地上を吹き荒れ、すべてのものを埋め尽くし、凍らせました。すべての生きとし生けるものが死に絶えました。
 ただ、永遠の命を持つ灰色の騎士たちだけは、主人の復活を待ちながら、果てしない歳月をさまよい続けることになったのです。
 また、わずかですが、フィーンの戦士やエレタナとともに、エルディラーヌに逃れた人びとがいました。それが、いまのわたしたちの祖先だといわれています。
 愛する夫も娘もなくしたエレタナは、どれほど嘆いたことでしょう。永遠の命を持つエレタナは、その悲しみを抱いたまま、ひとり生きてゆかなければならなかったのです。
 そんなエレタナに、フィーンの預言者はいいました。
『二千年ののち、ダイロスはこの世に甦るでしょう。そして、そのときには必ずやルシタナも甦り、今度こそ光の剣を手にして、影の力を止めるでしょう』
 ですから、エレタナは今も待ち続けているのです。ルシタナの生まれ変わる日を……」
 長い話を終えると、セイルは顔を上げてユナを見た。
「あのね、ユナ。いつも思うの」
「なにを?」
「にせんねんののちって、いつのことかなって」
 ユナはためらった。
 イルナ伯母によれば、今から四十年前が、その二千年ののちにあたる年で、世間ではかなり騒がれたらしいのだ。
 しかし、それから四十年間、大規模な戦争は起こらず、今日に至っている。これまで、考古学者や冒険家がこぞって探したにもかかわらず、ダイロスの迷宮あとは見つかっていない。
 そもそも、不死身の騎士や死の吹雪など、ただの昔話に過ぎないのだ。そんなものを探す方がどうかしている。けれども、幼いセイルはなにもかも信じてしまうだろう。怖がらせてはいけない。そこで、ユナはいった。
「それはね、まだずっと先のことよ。いつかわからないくらい、ずーっと先のこと。だから、安心して」
 セイルは素直にうなずいた。それから、雲の彼方に目をやると、少しのあいだなにも話さなかった。遠いフィーンの国にいる可哀想なエレタナのことを考えていたのだった。