3

旦那だんな、どうぞ見ていってください。こちらルシナンのゆうきゅうおり! 二千年の時をこえて旧世界から受け継がれた、伝統の織物です」
 ウォロー山脈の南、雄大なさんろくにある国境の街の広場で、ひとりの少年が店を広げている。今日は朝から暖かく、白いシャツに緑のスカーフ、緑のベストという軽装だ。
 少年の名はヒューディ。人前に立つのは得意ではなく、工房を営む両親からせんべつがわりにもらった品は、ほとんど売れていない。けれども、胸にはひとつの夢があり、旅は少しも辛くなかった。
 ヒューディは、軽くのびをして天を仰ぐ。
 生まれ故郷ウォルダナの空。
 彼の明るいはしばみ色の瞳は、流れる雲の白い輝きを追いかける。雲間から、音がきらきらと降ってきそうだ||
「あら、坊や、素敵な織物だこと」
 威勢のいい女性の声が、少年を地上に引き戻した。どっしりとした身体つきの年配の婦人が、大きな腰を振りふり歩み寄ってくる。
「そのスカーフ、ちょっと見せてもらえないかしら?」
「どうぞ、奥さん」ヒューディは鮮やかな深紅の織物をさしだす。「スカーフというより、ルシナンではちょっとしたおしゃに、ドレスの上から腰に巻く||」彼は言葉を切った。婦人の立派な腰には、少なくとも倍の大きさは必要だ。内心の焦りを隠してにっこりする。「もちろん、スカーフにもなります」
「そう?」奥さんは織物を肩にかけ、やわらかな風合いを確かめるようになでて、「これおいくら、坊や?」
「二十ルピカです」
「二十ルピカ?」奥さんは眉をひそめる。「どう見ても十ルピカ以上には見えないわねえ」
「ご冗談でしょう。悠久山脈の幻の絹糸で織った、正真正銘の悠久織ですよ」
「それにしたって、坊や、二十ルピカは高すぎますよ」
「じゃあ」ヒューディは少し考え、「十八ルピカにしておきましょう」
「十八ルピカねえ。それでもまだうんと高いわねえ」
「十七ルピカで精いっぱいです。それだって、両親がなんというか」
「十七ルピカ? そんな値段で買おうものなら、坊や、死んだ主人が墓穴からよみがえって、ひきつけを起こしますよ」
 彼らがそんな交渉をしているあいだに、ひとりの若者が広場を横切って走ってきた。後ろを振り返り、息を切らして駆けてくると、ふたりの横をすり抜けようとしてヒューディを突き飛ばし、そこにあった麻袋につまづいて、つんのめるように転がった。
「ちょっと!」奥さんが抗議の声を上げる。
「すみません、奥さん」若者はびをいって立ち上がり、ヒューディを助け起した。「は?」
「だいじょうぶです」
「すまなかった」若者は、倒れた麻袋から飛び出した上衣を拾い、土ぼこりを払って彼に渡す。「ルシナンからきたんだね? これから都へ?」
「いえ、クレナに行くところです」
 若者は一瞬、なにかいいたげに口を開いたが、すぐにはっと来し方を振り返り、あっというまに路地に消えた。
「まったくいまどきの若い者ときたら」奥さんはぶつぶついう。「ところで、坊や、クレナに行くんですって? 今夜の宿のあてはあるの? よければ、うちの宿、ちょうどひと部屋空いていますよ」
「ありがとうございます」ヒューディは倒れた袋を起こし、上衣を突っ込んだ。「せっかくですけど、先を急ぐので」
「そう。それは残念ねえ」と奥さん。「それで、坊や、十五ルピカだったわね?」
「十七です」彼は苦笑する。
 と、そのときだった。しっこくの馬が二頭、広場に姿を現した。灰色のマントに灰色のフードを目深にかぶった騎士たちが乗っている。
 乱暴に馬を止めると、騎士たちは、ぐるりとあたりを見まわした。彼らからも馬からも、異様な気配が漂っている。
 ヒューディの瞳は、彼らに釘づけになった。
 なぜだろう。胸の奥がひどくざわめく。あたかも、ずっと忘れていた暗い記憶がよみがえってくるかのように。心は見るなとささやくのに、あらがいがたい力にとらえられ、目をそらすことができない。
 騎士たちが彼の視線に気づき、馬首をさっとこちらに向けた。
 フードの奥からでも、目と目が合ったのがわかった。ヒューディは、全身冷気におおわれたように凍りつく。
 二騎は、まっすぐこちらに駆けてきた。厚いマントが風にはためき、重い馬具がガチャガチャと音を立てる。
 漆黒の馬が目の前で止まり、土埃が舞い上がった。こもったような息づかいが聞こえ、先頭の騎士が、フードの奥から低いしゃがれた声でいう。
「男を見なかったか?」
 ヒューディの頭の中で、その声が幾重にもこだまする。しかし、身体は呪縛を受けたように、まったく動かない。
 そのとき、隣から別の声が聞こえた。
「見ましたよ」
 そのとたん、身体の自由が戻った。隣を見ると、奥さんが立派な腰に両手をあて、憤然と騎士を見あげていた。
「どこへ行った?」騎士の問いに、奥さんは、片手でまっすぐ路地を指す。若い男が消えたのとは、まったく別の路地を。
 騎士たちは、灰色のマントをひるがえし、無言で駆け去った。
 ヒューディは肩で大きく息をつく。それから、眉を上げて奥さんを見た。
「違う道を教えましたね?」
 奥さんは涼しい顔で彼を見る。
「おや。そうだったかしら」それから、ふんと鼻を鳴らした。「まったく、いやな感じの男たちですよ。人に物をたずねるときの礼儀もわきまえないで。さっきの若者は、少なくとも謝りましたからね。||それで、坊や、このスカーフ、十四ルピカだったわね?」