第38章 前半へ12第38章 後半へ

38

 はるか天井まで吹き抜けになった大広間には、東に面した正面玄関から朝陽が差し込み、白大理石の壁や床を鏡のように輝かせていた。大広間は東西に長く、両側にはいくつものアーチが並んでいる。
 イーラス大佐の姿を認め、衛兵たちが敬礼の姿勢をとった。
 大佐に従い、二人の将校にはさまれて、地下のれいびょうから上がってきたユナは、大広間の壮大さに圧倒されながら、落ち着くよう自分にいいきかせた。
 すぐ後ろにはラシルがいる。そして、彼女の弟リーは、この宮殿のどこかで、ダイヤモンドのブレスレットを守ってくれている。
 たとえグルバダのしもべとなっても、フィーンのダイヤモンドにまつわる記憶だけは、決して渡すまい。グルバダが心の奥深くに入ってきても、最後まであらがって、リーに希望を託そう。ユナは、そう覚悟を決めていた。リーならばきっと、新たな道を切り開いてくれる。
 灰色の騎士の出陣のこだまが、いまだ風に運ばれてくるなか、イーラス大佐は、円柱が立ち並ぶ正面玄関の方へと進んでいった。
 その正面玄関の両端では、巨大な台座の上、翼のある獣の彫像が、訪れるものを威圧するように地上を見下ろしている。
 ユナたちは、北側の壁に沿って、円柱と彫像の落とす長い影のなかを歩いており、まばゆい日差しに惑わされることなく、外の様子が見えてきた。
 円柱の先には広々とした半円形の空間があり、両端に軍楽隊が並んでいる。そして その向こう、宮殿前広場を埋めるように整然と待機しているのは、ルシナンとテダントンの軍服の上に、ドロテの紋章の入ったマントをまとった騎兵たちだった。
 ユナは息を呑む。
 消えた連合軍兵士がここにいることは、とうに見当がついていた。けれども、これほど多くの者が、家族を捨て、国を裏切り、グルバダの思想に共鳴していたとは||
 彼らの両翼はドロテ騎兵が固め、兵士たちの彼方、太陽が輝く丘の上には、灰色の軍勢が発った名残の黄色いじんが、いまだもうもうと舞っている。
 灰色に続いて、この大軍も発つのだ。いまごろデューやヨルセイスはどこにいるのか。
 彼らの運命を思い、みぞおちがきりきりと痛んだ。
 お願い。来ないで……。
 イーラス大佐が片手を上げ、彫像の台座の手前で止まる。円柱と彫像の陰で、広場からは見えない位置だ。ユナと両脇の兵士も立ち止まった。
 軍楽隊が吹奏楽器を掲げ、壮麗な音楽がこだまする。衛兵が一斉にちょうを鳴らした。
 イーラス大佐と両脇の将校が振り返り、ユナもそれにならう。
 宮殿の奥へと続く西の壁面。いましがた霊廟から上がって通ってきたひときわ高いアーチが見えた。軍医やラシルはすでにそちらを向いており、全員敬礼の姿勢を取る。
 音楽が一段と華やかさを増し、純白の衣装を纏ったグルバダが現れた。
 朝の光の中で、金色の髪とサッシュベルトが輝き、全身、ほとばしるような力強さにあふれている。金糸で縁取られた長い上衣の裾をなびかせ、威風堂々と歩いてくる指揮官の姿に、すべての目が釘付けになるのがわかった。
 腰にはふたふりの剣。ひとふりは光の剣で、そのさざめくような波動は、離れていてもはっきりと伝わってくる。
 もう一方は、限りなく暗い波動を帯びていた。影の剣||
 南アルディス海を思わす真っ青な瞳が、ユナの視線をとらえる。
 その瞬間、ユナは、ゆうべと同じように、目をそらすことができなくなった。世界にはユナとこの男しか存在しないかのように、まわりの光景が消える||
 一陣の風が吹き、彼女の顔をなでた。
 ユナは、魔力から解き放たれたように瞬きする。グルバダが、大広間の中央を悠然と進んでゆくのが見えた。
 
 軍楽隊の音楽が最高潮に達し、グルバダが正面玄関の中央に進み出ると、宮殿前広場を埋め尽くした騎兵たちが、馬上で一斉に敬礼をした。
 グルバダが返礼する。
 音楽が止んだ。
「兵士諸君!」
 よく通る声が響き、宮殿前広場を波のように渡ってゆく。
「二千年の時をこえ、いよいよ、待ち望んだときが来た。見よ」
 グルバダは銀の柄に手をかけ、一気に引き抜いた。
「光の剣は、わが手にある!」
 ダイヤモンドの刀身が朝陽に燦然さんぜんと輝き、一斉にどよめきが起こる。
 イーラス大佐が振り返り、ユナの両脇の将校が、彼女の腕を取った。大佐が、行けというようにうなずく。
 心臓が激しく打つなか、ユナは彼らにはさまれ、彫像と円柱が落とす影の中を歩き始めた。
「兵士諸君!」
 グルバダの声に、広場が静まる。
「光の剣を手にすると預言された者||ルシタナの再来は、ここにいる!」
 グルバダが剣を向けたせつ、円柱が落とす影を抜け、ユナの姿が日の光にさらされた。
 ふたたびどよめきが起こり、宮殿前広場を波のように駆け抜ける。兵士たちの瞳は異様な熱を帯び、彼らの視線が無数の矢のように突き刺さった。ユナは口を真一文字に結び、肩をそびやかす。
「もはや、恐れるものはない」
 将校たちは、言葉を継ぐ指揮官の手前で止まり、ユナをひざまずかせた。
「ルシタナの再来は、ここに永遠の忠誠を誓い、未来永劫えいごうわたしのしもべとなる!」
 あたりの空気を揺るがすような歓声が上がる。ひざまずいたまま、ユナは、その熱狂の渦に耐えた。
 歓声が徐々におさまり、兵士たちが期待のうちに次の言葉を待つのがわかった。
「兵士諸君!」
 グルバダの声が、彼らの上に力強く響き渡る。
「今宵は夏至の前の満月。最も神聖な満月だ。イナン殿下のたまも見守っておられる。今日のいくさを精一杯戦い、生きて戻ってきたならば、今宵、その満月のもと、永遠の命を授けよう。ゆけ! 行って、敵を壊滅させよ!」
 
 勇壮な音楽が鳴り響き、兵士たちが次々と出立してゆく。
 ユナはグルバダのかたわらで、なすすべもなくその光景を見つめていた。
 円柱の前には半円形の空間が広がり、軍楽隊がその一隅で演奏している。その先には、ゆったりとしたおうぎ形の階段が宮殿前広場へと続いていた。ルシナンとテダントンの騎兵は、その優雅なアプローチまで前進し、こちらを見上げて敬礼したあと、それぞれ左右に分かれ、両翼に控えるドロテ騎兵の横を通って東へと進軍してゆくのだった。
「マレンの荒野で、灰色の軍隊が、連合軍と真正面からぶつかるころだ」
 彼らを見送りながら、グルバダがいう。声高ではないのに、軍楽隊の演奏と進軍の音のなか、その声は不思議とよく通った。
「そこへ、この軍勢も加勢する。わがテタイアの大地は、正午の鐘が鳴り響くより早く、連合軍の血で真っ赤に染まるであろう」
 ユナは、ぎゅっと拳を握りしめる。
「ヒューディはどこ? 彼に会わせて」
 グルバダは、後ろに控えているイーラス大佐の方を向いた。大佐は、南側の壁に並んだ衛兵に合図を送る。
 ほどなく、翼のある彫像の横、正面玄関に最も近いアーチから、両脇を兵士にはさまれた小柄なシルエットが現れた。
 ヒューディ||
 目隠しをされ、後ろ手に縛られてはいたが、しっかりと自分の足で歩いている。あんで、胸がつまった。
 イーラス大佐が片手を挙げ、兵士たちは彫像の下で止まり、目隠しを外す。左目のまわりは紫のあざになり、鼻とこめかみには傷痕がある。
 まばゆそうに瞬きしたあと、ヒューディは瞳をぱっと見開いた。
「ユナ!」
「ヒューディ!」
「そいつのいいなりになるな!」ヒューディは身を乗り出す。
 兵士が首に短剣を突きつけた。
「やめて!」ユナは悲鳴を上げる。
「ユナ! ぼくにかまうな!」
 刃が肌に食い込み、血がにじむのが見えた。
「やめて! 助けるという約束よ!」
 グルバダが片手を挙げる。兵士は短剣を降ろした。
「そなたが誓いを破れば、その瞬間、この若者の命は消える」
 ユナは肩で息をしながら、黙ってグルバダをにらんだ。
 騎兵たちの出陣は続いており、地響きとともに、大地を吹き渡る風が、先をゆく軍勢のこだまを運んでくる。その様子を頼もしげに見やりながら、グルバダがいった。
「イナン殿下の喪が明ける一年後の夏至には、この宮殿は完成し、老いや病、あらゆる苦痛や死の悲しみから解放された永遠の国が生まれる。わたしがそのあらたな世界に君臨するあかつきには、そなたの中に眠る記憶が、大いなるダイヤモンドの真の力を呼び覚まし、わが栄光を無限に輝かせるであろう」
 ユナはさっと心の守りを固める。
「そうかまえるな」
 グルバダはふっと笑い、ユナの方を向いて、ごくおだやかにいった。
「そなたはルシタナの再来。そうやすやすと記憶を手渡すとは、最初から思ってはいない。されど、今日からそなたは、心臓を貫かれぬ限り、不死の存在となる。ゆうべは手加減を加えたが、もはやその必要もない」
 真っ青な瞳がほほえみかける。
「戴冠式は一年後だ。時間は充分にある。お互い、ゆっくりと楽しもうではないか」