真夜中。デューは暗がりで目を覚ました。
 隣で眠るワイスが、寝返りを打つ気配がした。外では風がひゅうひゅううなっており、マレンの灌木がざわめく音や、天幕のはためく音があちこちでこだまするなか、彼らの天幕も、時おり激しく揺さぶられる。
 デューはじっと闇を見つめた。ふたたび、ユナのことが気になり始めて、どうにも気持ちが落ち着かない。どうしてこれほど心が揺れるのだろう。外を吹く風のように、心に風が吹いている。彼はため息をついて、上半身を起こした。
 ほどなく、闇に目が慣れ、眠るワイスの向こう、ヨルセイスがいるはずの空間が、ぽっかり空いているのが見えた。
 どこへ行ったのだろう? そう思って眉をひそめたとき、唐突に、風がやんだ。
 静けさが、あたりを包む。
 次の瞬間、遠くで、なにかがひそかにうごめくような音がした。戦慄せんりつが背筋を走り、全身が警告を発する。
 ワイスも、はっと目を開けた。デューが起きているのに気づき、なにかいおうとする。デューはそれを片手で制した。
 音は消えていた。ふたたび風が吹き、ひゅうひゅうといううなり声が天幕を取り巻く。だが、全身で感じたおんな気配は、濃い霧のように彼にまつわりついている。
「どうした?」ワイスが身を起こす。
「なにか聞こえた」
「ヨルセイスは?」
 デューはかぶりを振る。
「起きたらいなかった」
 彼は立ちあがり、天幕からすべり出る。ワイスもあとに続いた。
 月は沈み、雲が勢いよく流れるなか、星々が瞬き、野営地にはところどころ松明の炎が掲げられている。その西の端、テダントンの部隊の天幕が並ぶあたりで、複数の人影が動くのが見えた。何人もが列になって続いているようだ。
「なんだろう?」ワイスがいう。
 同時に、背後でなにかの気配がした。デューは、振り向きざまに短剣を抜く。
「わたしです」聞き慣れた声。
「ヨルセイス!」ほっと息をつき、短剣をさやに戻す。
 ワイスも、剣にかけた手を離した。
「いったい何が起こっているか、きみの目なら見えるかい?」デューが聞くと、ヨルセイスはうなずいた。
「ええ」短い間。「人影の先頭にいるのは、灰色たちです」
「まさか||」ワイスは絶句する。
「残念ながら、本当です。全部で六名。手前にいるのは連合軍の兵士で、テダントンの軍服に身を包んでいます」
「なんてことだ……」
 こうして話すうちにも、彼らの影は音もなく野営地を横切り、馬たちがつながれている囲いのほうへと動いていった。灰色どもの馬も、そこで待っているのだろう。
「これが、消える部隊の謎か」デューがいう。
「そのようですね」ヨルセイスはうなずいた。
「跡をつけてみる」ワイスがいう。「これまでの部隊と同じところに行くかもしれない」
 一瞬、デューはためらった。自ら追いたい思いに駆られる。だが、ヨルセイスと彼は、参謀として、急ぎトリユース将軍のもとに戻らねばならない。自由が効くのは、ワイスだけだ。
「見つかれば命はないぞ」
「わかってる」星明かりのもと、ワイスのしんな瞳がデューを見た。
 デューは小さく息をつく。
「わかった。気をつけて行け」
「わたしの馬を使ってください」ヨルセイスがいう。「シルフィエムは彼らの馬に劣らず速いですし、気取られずに尾行するすべを知っています。それから、これを」
 彼はふところから小さなガラスびんをとりだした。闇の中で、中の液体が淡い金色の光を放っている。
「リュールです。ほんの一滴で、丸一日しのぐことができます。人の部隊を率いるからには、灰色たちも休むでしょうが、厳しい旅になるでしょう」
「ありがとう」ワイスは瓶を受けとる。「恩に着るよ」
 
 デューとヨルセイスは、あしに乗ったワイスが、激しい風の音にまぎれて遠ざかるのを見送った。いいようのない不安に、胸がぎゅっとしめつけられる。
 ワイスとは、同じ師匠のもとで、剣術をせったくした仲だった。両親を亡くしたワイスが、都に住む伯父のもとにやってきたとき、デューは九歳、ワイスは七歳。彼と同じスリン・ホラムの生まれで、すぐに気が合った。師匠は弟子を苗字で呼び、弟子同士もそうだったので、彼らはいまも、部下や上官がいないときには、敬称なしで、レイン、ワイスと呼びあっている。
 デューの思いを察したのか、ヨルセイスがいった。
「わたしの馬は、必ず乗り手を守ります」
「そうだな」デューはうなずく。
 東の風が一段と強く吹きつけ、野営地の天幕を激しくはためかせた。灰色どもは、この風向きと激しさを利用して、西から密かに近づいたのだ。風はまた、彼らが去りゆく音も消すだろう。
 部隊が移動する様子を見ながら、デューは眉をひそめる。
 厚い雲が次第に星々をおおい、馬たちが囲われているあたりは、松明もなく、闇のなか、彼の目には、すべてがぼんやりとしか映らなくなってきたが、誰ひとりおどされて動いているようには見えなかった。
「なぜだ? なぜあれほど簡単についていく?」
 灰色どもに永遠の命を約束されたとして、なぜすべてを捨て、なんの迷いもなく、敵であるはずの者についていくのか?
「わたしも、そのことを考えていました」ヨルセイスがいう。それから、わずかにためらい、言葉を継いだ。「単なる推論に過ぎませんが、こうして部隊を連れ去る灰色には、ダイロスの力が||いえ、ダイヤモンドの剣の魔力が、ことさら強く及んでいるのではないでしょうか」
 推論と前置きしてはいたが、デューはヨルセイスの声の中に、確信に近い響きを感じとった。
 力を持つ灰色のことは、デューも聞いたことがある。
 ダイロスの剣の魔力によって永遠の命を得た者は、代償として影と魂を失い、盲目的に主の命令に従うだけだったが、主の復活を待ってさまよううちに、人を殺し、その者に身をやつす能力を身につけた灰色が現れたと。
「人に身をやつす者は、ごく最近現れました。わたしは、まだ遭ったことはありません」
 ヨルセイスは、彼の思いを読んだかのようにこういった。
「けれども、二千年前、激しい憎悪を抱いた灰色に遭ったことがあります。その暗い情念は、魂がないとは信じがたいほど強く、こちらの心のひだに入り込むすべを知っていました」
 デューは黙って友の横顔を見つめた。闇のなか、ほのかに輝く肌も、薄い水色の瞳も、ひどく蒼ざめて見える。
「今宵のこの夜気の中にも、強い想念が放たれた余波が感じられます。兵士たちは、ヴェテール奪還の知らせに祝杯を挙げ、張り詰めていた気持ちが緩み、かなり酔った状態で眠りに就いています。灰色たちは、そうした隙につけこみ、兵士たちの心をからみとって、ある種の催眠状態にしたのではないでしょうか」
 デューは戦慄を覚える。
 それも大いなるダイヤモンドの力なのだろうか? フィーンの至宝だったというが、そのような力を持つダイヤモンドとは、いったいどのような由来があるのだろう?
「出発するようです」
 ヨルセイスがいい、デューははっとして、野営地の彼方を見やる。
「見えますか?」
「いや||」そうこたえたとき、上空の風が厚い雲を吹き払った。
 星々の光が荒野に降りそそぐ。
 漆黒しっこくの馬に乗った灰色の騎士のシルエットが、くっきりと浮かび上がり、そのすぐあとを、騎乗の兵士たちが続くのが見えた。ごうごうという風の音で、蹄の音はすべてかき消されているが、それでも彼らは、地面に伝わる振動を抑えようというかのように、速度を抑えて進んでいた。
 やがて、彼らが視界から遠ざかったころ、フィーンの葦毛の瀟洒しょうしゃなシルエットが荒野を横切り、夜のなかへと消えていった。