17

 出発の日、ユナは夜明け前に目が覚めた。左手から、かすかなさざめきが伝わってくる。
 手首に目をやると、暗がりのなか、ダイヤモンドのブレスレットが、息づくように淡い青い光を放っていた。
 ルシタナの形見。わたしへの言伝ことづて……。
 ユナは、ダイヤモンドの清らかな光を見つめる。
 エレタナは、肌身離さず身につけて袖の中に隠しておくよう、また、ルドウィンとヒューディのほか誰にも知られないようにといって、袖口にボタンのついたりの衣装を用意してくれた。
 そのことを打ち明けると、ヒューディはユナの手首を包むようにそっとブレスレットにふれ、それから、真剣なまなざしで彼女を見つめて、わかったといった。ルドウィンのほうは、ひとこと、うっかり落とすなよ、といっただけだった。
 まったく、つまらない男ね。ユナはかぶりを振って、ひんやりとした床に降り立つ。いよいよ、今日はこの居心地のよい館を発つのだ。胃の奥が、きゅっと痛んだ。
 新鮮な空気を吸ってこよう。ユナはさっと着替え、素足のまま廊下に出た。
 
 ここ数日、セティ・ロルダの館はものものしい雰囲気に包まれている。
 各地からの援軍がランカやその他の駐屯地に到着したという知らせが次々と届くなか、大勢の将校が出入りし、会議の翌日には、ルドウィンの側近サザレも、ウォルダナからの進軍の途上、いったん隊を離れて駆けつけた。
 王室が手を回し、水車小屋の襲撃は、クレナのダンスパーティと同じく、無法者の仕業とされたとのことだった。幼いセイルは事件の記憶を失っており、村人も協力して、ユナの捜索が行われたという。
 すぐにでも飛んで帰りたかったが、ユナはその思いを封印した。故郷に帰って愛する者たちに会うのは、すべてが終わったあとだ。
 サザレはその日のうちにヤンと発ち、ヨルセイスもその夜、デューに先んじてランカに向かい、館では、総力戦に備え、テタイアの連合軍司令部へ移る準備が進めている。
 けれど未明のいま、あたりは静かで、厨房ちゅうぼうの方からかすかな音が聞こえてくるだけだ。ジョージョーも働いているのだろう。ユナはほほえみ、階段を降りる。
 回廊を通って広大な裏庭へ抜けると、芝の夜露が素足を濡らした。夜露や木々の葉が、淡くきらめいている。果樹園へ向かいながら振り返ると、館の上に、欠けゆく月が銀色に輝いていた。
 この広い敷地を散策するのもこれが最後。そう思うと、名残惜しかった。花の終わったりんの園のどこかで、春歌鳥が歌い始める。その声も、去りゆく春を惜しむかのようだ。
 果樹園を抜け、池のほとりを通って花園へ向かう。東の空がゆっくりと白み始め、風が夜明けのにおいを運んでくる。
 誰かの声に、ユナははっと足を止めた。
 デュー?
 胸の鼓動が速くなる。うしろめたさを覚えながら、の茂みからそっとのぞいた。
 薄ぼんやりと青く染まる花園に、デューの後ろ姿が見えた。その向こう、日時計のそばにたたずんでいるのは、エレタナ。
「二千年のあいだ、ほかに誰も愛さなかったのですか?」デューがいった。
「愛を捧げた人は、ただひとりです」エレタナがこたえる。
「これからもずっと?」
「ええ」エレタナはささやく。
 凍てつくような沈黙。それから、デューがいった。
「亡くなった人を忘れてほしいとは思いません。ただ、知ってほしいのです。ここにも、あなたに想いを寄せる者がいることを」
 ユナは、心臓が石になったような気がした。身体が指の先まで冷たくなってゆく。
「エレタナ。初めてあなたに会ったときから||」デューはエレタナに歩み寄り、彼女にふれようとした。
「ごめんなさい」エレタナは身を引き、彼の腕をすり抜ける。
 それ以上その場にいることはできなかった。
 ユナはそっと茂みを離れ、池のほとりを走り、果樹園を駆けぬける。訪れた夜明けの素晴らしい風景も、その目には入らなかった。
 
「だいじょうぶかい、ユナ?」
 ユナはわれに返った。中庭のテラス席。ヒューディが顔をのぞきこんでいる。
「ああ||だいじょうぶよ」朝食の最中だったことを思いだし、ユナは笑顔を作る。「ゆうべ、眠れなかったの」
 テーブルにはふたりだけだ。いつもの面々は朝食を兼ねた会議に出ており、ルドウィンはそこで旅の最終確認をしているはずだ。会議があってよかった。デューとエレタナの前で、いつものように朝食をとるなど、とてもできそうもない。
 心配そうなヒューディを前に、半熟卵をスプーンですくって口に流し込む。ジョージョーのゆで加減はいつも絶妙だが、今朝はどんな味もしなかった。
 食事がすんで部屋に戻るとき、ヒューディはいった。
「先に行って荷物の準備をしておくから、少し休んでから、ゆっくりおいでよ」
 
 ユナがホールに降りてゆくと、陽気な笑い声が聞こえ、ヒューディとルドウィンが冗談を飛ばしあっていた。
「よお、おちびちゃん。おはよう。忘れ物はないか?」ルドウィンがいう。
 忘れ物……。デューへの想いは、この館に置いていったほうがいい。
「ないわ」ユナはため息をもらす。
 ルドウィンは軽く眉を上げてユナを見たが、なにもいわなかった。
 やがて、広い階段を、見送りの者たちが降りてきた。ユナは顔を上げる。
 デューとワイス大尉が何か話しながら降りてきた。彼らも、今日ここを発つ。ふたりの後ろには、トリユース将軍とエレタナの姿が見えた。
 デューがユナの視線をとらえ、彼女の方に歩いてくる。ユナは目をふせた。
「ユナ」やわらかな声がする。いつも不思議な感覚で彼女の心の奥にふれた声だ。
 ユナは顔をあげる。やさしく、どこか寂しげな瞳が彼女を見おろしていた。エレタナに思いを告げたときの激しさは、もうどこにもなかった。
「だいじょうぶ。きみなら、きっとできるよ」彼はユナを抱きよせる。「気をつけて」
 甘く切ない感覚に、全身がふるえた。
「あなたも」ユナはささやく。
「ありがとう」デューはいい、そっと身体を離した。
 エレタナがそばに来て、まだふるえている彼女をやさしく抱きしめる。
「自分を信じて、ユナ。神さまはいつも、あなたとともにあるわ」
 それから、愛情あふれる深いすみれ色の瞳で、包み込むように彼女を見つめた。こたえようとしたけれど、どんな声も出てこない。
「ユナ」ワイス大尉が歩み寄り、ユナの気まずさを救った。「無事を祈ってるよ」
 かたわらでは、デューとヒューディが抱擁を交わし、トリユース将軍が、ルドウィンの広い肩にがっしりと手をかけて、こういっている。
「テタイアの司令部で待っていますぞ、ルドウィン殿下。くれぐれも気をつけて」
 フォゼとジョージョーが制服姿で走ってきた。
「ジョージョーの弁当、持ったよな?」
「きっとまたすぐ会えるよね……」
 朝の渓谷けいこくに、旅立ちを知らせる鐘が鳴り響く。そして三人は、つかのま安らぎのときを過ごした美しい館をあとにした。
 
 彼らは白銀の谷を川沿いに進み、渓谷を抜け、川の支流をさらに西へと向かった。やがて、傾いた日が、騎乗の旅人たちの長い影を岸辺に落とした。
 ユナは、行く手を見つめたまま、沈みがちに馬を進めていた。夜明けに花園で目にした光景が、脳裏に焼きついて離れない。デューのエレタナへの熱い想いが、息ができないくらい胸をしめつけ、あのときのふたりの声が耳にこだまする。
 もしもそんな状態でなければ、彼女の鋭い感覚は、とうになにかの気配を感じとっていただろう。けれども、いまの彼女には、ヒューディの冗談も、ルドウィンの笑い声も耳に入らなかった。
 日がとっぷりと暮れるまで、彼らは馬を進めていった。そのあとを音もなくつける黒い影には、誰も気づかなかった。