18

 ヴェテール奪還に向かったデュー・レインらの一行は、駐屯地ランカを発った四日後、シャナイ山脈に入った。
 鎖かたびらに革のよろいで身をかためた人間の騎兵と、サッハルのつるで編んだ胴衣に薄い衣装をまとった、古い絵画から抜けでたようなフィーンの戦士。その数合わせて四千騎。彼らが険しい山並みを縫って進軍するさまは、まさに壮観だった。
 フィーンとその馬は、並はずれた能力で、全軍を先へ先へと導いてゆく。フィーンとともにいると、誰もが感覚を研ぎ澄まされ、不可能という言葉は頭から完全に消えていた。彼らは日々、ほとんど崖のように切り立った斜面を、明け方から日没まで、驚異的な気力と忍耐力で進んでいった。
 そして、初夏の風がさわやかに山を吹き渡る午後、ついにヴェテールの街が眼下に姿をあらわした。
 山を背にして構えられた城塞とは、あとはクランダの壁と呼ばれる険しい断崖を隔てるだけだ。断崖の手前は、幅の狭い盆地のようになっており、軍勢はそこにひそんで様子をうかがった。
 予想通り、山側の守りは手薄だった。
「門番は五名ですね」裏門を見おろし、ヨルセイスがいう。フィーンの中でも特に優れた視力の持ち主だ。「はざの衛兵には、居眠りをしている者もいます」
「灰色どもの気配は?」デューは聞いた。
「まったくありません」
「よし。クランダの壁を駆けおりて、一斉攻撃に出よう。決行は明日の夜明けだ」
 異議を唱える者はいなかった。ここまで来たのは、すべてこの奇襲のため。全軍がと闘志にあふれていた。
 
 翌朝、名残の星が瞬く下、シャナイ山脈にフィーンの角笛がこだました。
 突然のことに、門番は誰も事態を把握できず、間の抜けた様子であたりをみまわす。居眠りをしていた狭間の兵士は、ぎょっとして目を覚まし、将校たちは次々と城壁に飛びだした。彼らは全員目を疑った。
 何千というフィーンと人間の騎兵が、目の前にそびえ立つクランダの壁を、もうもうと土煙を上げながら駆けおりてくる。まさにとうの勢いだった。
 門番は肝をつぶして退散し、あたりは瞬時にして狂乱状態に陥った。
 戦士たちは、一気に門を押し破り、どっと城内へ流れこむ。
 狭間のドロテ兵は、弓矢で応戦しようとしたが、フィーンの銀の矢が雨あられと降ってくるのを見ると、全員背を向けて逃げだした。将校の必死の呼びかけもむなしく、平静を失った兵士は、の子を散らすように、われ先にと敗走する。そして、ほとんどが逃げ場を失って降伏した。
 石造りの城塞じょうさい都市は、古い港街でもある。南北を流れる紺碧こんぺきの川には、膨大な艦隊が連なっていたが、軍艦の乗組員たちが異常に気づいたときには、ずらりと並んだフィーンの弓矢部隊が、河岸でいっせいに立ち上がった。
 決着は、またたくまについた。ヴェテールの奇襲は、ほとんど戦うことなく、連合軍の勝利に終わったのである。
 
 戦果に酔いしれ、驚喜する者たちのなか、ヨルセイスは長い金髪をなびかせて城壁にたたずみ、目の前を流れる大河と、その向こうに広がる、マレンの灌木かんぼくが茂る荒野を眺めていた。
 デューが歩み寄ると、彼は静かにいった。
「二千年前も、この大地を何度か渡ったものです。あるときはひとりで、あるときは人間の友と。
 この紺碧の川は、死の吹雪で凍った世界がふたたび温かくなったときにできたものですが、マレンの荒野は当時の面影を残しています。真冬には真っ白な花が咲いて、よい香りをあたり一帯に漂わせていたものです」
 ヨルセイスが自分のことを話すのはめずらしかった。デューは彼の薄い水色の瞳を見つめる。
「親しい人間がいたのか?」
「ええ」彼はうなずいた。「かけがえのない友が」
「レイン! ヨルセイス!」ワイスが駆け上がってくる。「ドロテに反抗して牢に囚われていた将校や市民は、全員解放した。交替で、ドロテの奴らに入ってもらったよ」
「よし」デューはいった。「将校たちを集めてくれ」
 ヴェテールを奪還したといえども、浮かれてはいられない。この先、グルバダが指揮を執っているアデラから前線にいたるまで、すべての街、すべての地域がドロテ軍の手中にあるのだ。
 彼らは、四千騎の兵士を、部隊ごとに、ここに残って守りを固める者と、乗っ取った艦隊で川を下って次なる街を奪還する者とに分けた。
 トリユース将軍やエレタナほか、セティ・ロルダの館にいた連合軍の参謀は、すでに、首都メルセダの西、とある街に設けられた連合軍司令部に移り、首都の攻防戦に向けて、日夜作戦を練っているはずだ。
 デューとワイス、そしてヨルセイスは、彼らに合流するため、疲れた身体を休める間もなく、日のあるうちにヴェテールを発ち、マレンの実が色づき始めた荒野へと繰り出していった。
 
 二日後の夕方、三人の男たちは、連合軍の野営地に着いた。野営地は、ヴェテール奪還の知らせに沸き立った。
 そんななか、思わぬ知らせが彼らを待っていた。
「連合軍司令部の情報が敵に漏れました。幸い、事前に情報を得て、敵が奇襲をかけてくる前に、全員脱出したとのことです。奴ら、もぬけのからの建物に突入して、だんを踏んでいるに違いありませんな。トリユース将軍も、エレタナ王女もご無事です」
 テタイアの将校の言葉に、デューはあんの息をつく。
「よかった……」けれども、新たな懸念が心をよぎった。
 ユナたちは、そのことを知っているのだろうか? ワイスも同じ不安を抱いたようで、彼らは互いにさっと目を見交わす。しかし、極秘の作戦のことを口にするわけにはいかない。
「のちほど、新しい場所を記した地図を、お渡ししましょう」
「助かります」
「前線のほうはどうですか?」ワイスが、つとめて冷静な声で聞く。
 将校がこたえるまでに、わずかな間があった。
「どこもなんとか持ちこたえています。しかし、ここにきて、ドロテ軍は、ルシナンやテダントンとの国境に膨大な軍隊を送り始めました。この戦争が内戦の枠を越えるのも、時間の問題でしょう」
 重い沈黙が落ちる。
 予想していたよりはるかに早い展開に、少なからず衝撃を受けたが、デューはすぐに気を取り直し、こうたずねた。
「消えていった部隊の行方はつかめましたか?」
「いいえ、まったく」将校はかぶりを振る。「十日前も、北の駐屯ちゅうとん地で、テダントンの弓矢部隊がまるまる姿を消しました。天幕はそのまま残っていましたが、争ったあとは一切なかったと聞いています。気味が悪いといったらありませんよ」
「どちらの方角に行ったのですか?」
「それが、ひづめの跡ひとつ残っていないのです。直後に砂嵐が吹き荒れましてね。前にルシナンの歩兵部隊が消息を絶った際には、河畔で行軍のあとが途絶えていましたし、どの部隊の失踪に関しても、なんの手がかりもない状態で」将校は苦い表情を浮かべる。
「そうですか……」
「念のため、ここでも夜番の兵士たちを増やしました。強風で砂が舞う日は、護衛だけでなく、調理番泣かせですが、このところ風がおだやかで、空気が澄んでいるので助かります」言葉を切ってにっこりし、「幸運でしたね。今夜の飯は、ひと口ごとに口の中がじゃりじゃりいったりはしないでしょう」
 
「きっとだいじょうぶですよ」ヨルセイスが落ち着いた声でいった。「必要な者へは、必ず使いが送られています」
「だが」デューは、赤々と燃える炎を見つめる。「ヴェテールには来なかった」
「いまごろ着いているんじゃないかな」ワイスがいった。「きっと、どこかで入れ違ったんだ」
 三日月から上弦へと満ちてゆく月が、藍色の夜空にぽっかりと浮かぶなか、彼らは、天幕の外で焚き火を囲んでいる。テタイアの将校たちはすでに休んでおり、あたりは静かだった。ほんの時おり、夜番の兵士がかけあう声と、夜行性の小動物がマレンの繁みで動く音が聞こえるだけだ。
「こちらは、近道しようと危険な沼地を抜けましたからね」ヨルセイスがいう。長い金髪と、流れるような衣装をまとったほっそりした身体は、淡い光を帯びて、陽の光の下で見るよりも、いっそう美しく見える。
「心配するな」ワイスはデューを見つめ、笑顔でいった。「使者は、なんとしてでもユナたちを見つけるよ」
 デューはうなずく。ふたりのいう通りだ。ユナたちの旅の成功を願い、強く信じなくては。ユナのためにも、そして、二千年のあいだ、愛する娘を待っていたエレタナのためにも……。
「そうだな」彼は気持ちを切り替える。「夜明けにはここを発って、司令部へ急ごう」
 風が出てきて、炎を揺らした。デューは空を仰ぐ。雲が東から西へと勢いよく流れるのが見えた。
「この時期のテタイアで東の風とは」ワイスも空を見上げ、「先日この国にいたときは、ひとっ飛びに真夏を呼ぶみたいに、十日続けて強い西風に吹かれて、うち三日は砂嵐で洞窟に閉じ込められたんだが」いいながら苦笑する。
 それから、ふと口をつぐみ、風が吹いてくる東の方を眺めやった。
 その遠いまなざしに、ルシナンの都にいる恋人を想っているのだろうと、デューは思った。出逢った瞬間、恋に落ちたという娘のことを。半年前その話を聞いたときには、誰かをひと目で好きになるなど信じられなかった。いまなら、よくわかる。
「ヨルセイス」ワイスがふと、ヨルセイスの方に向きなおった。「家族はいるのか?」
 ヨルセイスはほほえむ。
「フィーンは、みな家族です」
 ワイスは、うなずきながらほほえみ返し、それから、こう聞いた。
「恋人は?」
 ヨルセイスは焚き火に目を落とす。
 不意に、ひゅーっとひときわ強い風が吹きつけ、炎の勢いをそいだ。風はヨルセイスの長い髪をなびかせ、衣装の裾もひるがえらせて、きらきらとした淡い光が流星のようにこぼれ落ちた。
「そろそろ休みましょうか」彼は静かに立ちあがった。「明日も早いですからね」