緑したたる美しい渓谷を、蛇行する川に沿って走ったあと、彼らは古い石橋を渡り、南へ向かった。真っ青な空を流れる雲が、丘の上に濃い緑の影をくっきりと落とし、それが丘陵地帯を渡りながら光と影のコントラストを描いてゆく。
 ヨルセイスの葦毛に続いてローレアを飛ばしながら、ユナは全身で風を感じていた。馬で駆けるのは久しぶりで、心が空に放たれてゆくようだ。
 渓谷の南のはずれ、広葉樹の森を抜けると、行く手に、そびえ立つような高台が、姿を現した。
「あの丘だよ」しんがりを走っていたデューが声をかける。「思っていたより早く着きそうだ」
「まさか、あれに登るの?」
 ユナはびっくりした。丘というより崖といったほうが近い。
「ローレアにはとても無理よ」
「アリドリアスはどうかな」ヒューディもさすがに不安を覚えたようだ。
「だいじょうぶですよ」ヨルセイスが振り向く。「フィーンの馬が一緒なら、難なく登れます」
 ふもとの湧き水で馬たちとともに喉をうるおしたあと、彼らは頂きを目指した。
 木々が新緑の枝を広げる木漏れ日のなか、ヨルセイスは、さらさらの金髪と流れるような衣装をひるがえし、軽やかに葦毛を駆った。その後ろ姿を追って、ユナは一心に急な勾配を駆けのぼる。
 ローレアの全身から、もうもうと湯気が立ちのぼり、勾配がいっそう急になった。だいじょうぶだろうか。そんな不安がよぎったとき、不意に勾配が緩やかになり、木がまばらになった。
 光が降りそそぐ。そして、ユナは平らかな草地にいた。
 思わず息を呑む。
 頭上には真っ青な空。風が吹き抜ける草地の果てには、その大空から続くかのように、鮮やかな青を湛えた世界が広がっていた。
 ヒューディが歓声を上げる。
「南アルディス海だよ」ふたりに馬を並べ、デューがいった。
 
 丘の頂きは広々として、海を望む南側は切り立った崖になっていた。眼下には緑の森が広がり、その果てに、小さな入り江と村落が見える。建物の屋根はオレンジ色で、青い海に美しく映えている。
 ユナは馬を降り、言葉もなく崖の縁にたたずんだ。
「すごいな……」ヒューディが彼女と並んでつぶやいた。
「気に入った?」デューも反対側に歩み寄る。
「ええ」海を見つめたまま、ユナは吐息まじりにうなずいた。
 海がこれほど青く、これほど広いとは。
 クレナの音楽堂には、ウォルダナの東海岸を描いた絵が飾ってあったが、絵で見るのとこの目で見るのとでは、天と地ほども違う。
「ありがとう」ユナはデューを見あげてささやく。
「ヨルセイスの思いつきだよ」デューは彼の隣にやってきた友を見る。「ヒューディから海を見たことがないと聞いて、誘ってくれたんだ」
「白銀の谷まで来て、海を見ない手はありませんからね」ヨルセイスはいった。「この近辺はきわめて安全ですから。もっと遠出して海岸にもお連れしたかったのですが、万が一のことを考え||
 万が一のこと||。一瞬、ユナの脳裏に灰色の騎士の姿が浮かぶ。けれども、ヨルセイスは言葉を続けており、その姿はすぐに消えた。
「デューとも話して、今回は断念しました。それは将来の楽しみにとっておくことにしましょう」
「それに、この丘の方が、ずっと眺めがいい」遙か水平線を見晴らし、デューがいう。
「丘って大好きなの」ユナは夢見るようにいう。「故郷では、毎日のように、クレナの遺跡のある丘に行ったっけ」
 それを聞くと、デューはユナ越しにヒューディの方を見た。
「クレナは、ほぼまっすぐ西。ちょうどそっちの方角だよ」次に、ヨルセイスのいる右手を指し、「そして、ぼくの故郷は、この海岸沿いに東にいったところだ」
「海岸沿い? 海のある街で生まれたの?」
 デューはうなずく。
「ものごころつく前に都に移ったけど、心のどこかにあるんだろうね。こうして海を見ていると、いまも郷愁を覚えるんだ」
「そうなのね」意外だった。デューは騎兵隊の将校で、都の話をよく聞かせてくれるから、都生まれだとばかり思っていた。「なんていう街?」
「スリン・ホラム。白銀の川の河口の近くで、エルディラーヌとは目と鼻の先だ」
「スリン・ホラム……」ユナはささやく。どことなく、なつかしい響きがした。
「古い言葉で美しい港という意味だよ。きみの故郷のように、古代の遺跡が残っている。ヨルセイス、きみは行ったことがあるといっていたね」
「ええ、何度か」ヨルセイスはうなずく。「本当に美しい港です。今回こちらに来るときにも、嵐を避けて丸一日停泊しました。景観もさることながら、スリン・ホラムは、料理の美味しさでも、つとに知られています。新鮮な魚介類や海藻は、都では味わえないでしょうね」
「なんだか、急に腹が減ってきたな」
 ヒューディの言葉に、ヨルセイスは笑った。
「そうですね。お昼にしましょうか」
 青空のもと、真っ青な海を見ながら、みんなでジョージョーが張り切って作ってくれた昼食にしたつづみを打った。
 冷たいレモンの飲み物に、チーズと野菜を薄い生地で包んだ料理、新鮮ないちごとヨーグルト、干し杏と胡桃くるみの焼き菓子まで、バスケットいっぱいに詰まっている。どれもとても美味しかった。
 心ゆくまで食事を楽しんだあとは、馬たちがのんびり草をはむかたわらで、それぞれ思い思いに木陰で横になった。
 そよ風が吹き抜け、野鳥のさえずりが子守歌のように聞こえている。ユナは吐息を漏らし、目を閉じた。
 
 まばゆい光に、ユナは目をあけた。木漏れ日が、顔の上で揺れていた。
 ヒューディはユナの隣でぐっすりと眠っている。そっと上体を起こすと、デューもその向こうで眠っていたが、ヨルセイスの姿がなかった。見まわすと、彼の葦毛は、ほかの馬たちとともに、まだのんびりと草をはんでいる。ということは、どこかそのあたりにいるのだろう。
 ユナは立ちあがり、大きくのびをする。それから、海の青さに惹かれるように、崖の方へと歩いていった。白い帆をいくつもひるがえした豆粒ほどの船が、ゆっくりと海をすべってゆく。崖に近づくにつれ、入り江や、オレンジ色の屋根の家々が見え、眼下に新緑の森が見えた。
 崖の縁にたたずみ、そよ風を全身で感じたあと、ユナは崖の縁から両足を投げだして座った。身を乗り出してみると、ちょうどそのあたりは、真下に岩場が突き出ている。うっかり落ちても、どうにか上れるだろう。イルナ伯母さんがこんな姿を見たら、きっとひきつけを起こすに違いないけれど。
 イルナ伯母さん……。あれからどうしているだろう。自分が突然いなくなって、ロデス伯父さんとふたりで、どれほど心配しているだろうか。そう思うと、ひどく胸が痛んだ。そして、レアナ……。一緒に、この海を見たかった。
 ふと、ユナは不思議な感覚を覚える。
 いつかレアナとふたりで、こんなふうに崖の縁に腰掛けて、こんなふうに緑の森を見おろさなかっただろうか。そう思ったとき、目の前の光景が揺れ、ローレアの花咲く丘と、ウォロー山脈の雄大な姿が重なった。
 ユナは笑う。そう。レアナとは、よくクレナの遺跡で、こんなふうにウォロー山脈を眺めたのだ。崖の縁ではなく、崩れた王宮の壁に並んで腰掛けて。
「ユナ」下の方から、ささやくような声が響いた。
 真下に突き出た岩場から、ヨルセイスがこちらを見あげている。
「ヨルセイス! そんなところでなにしてるの?」ユナは目を丸くした。
「薬草を探していたんです」ヨルセイスはこたえ、バスケットを掲げる。
「わたしがのぞいたときには、いなかったけど」
「もう少し降りたところにいましたから」
 彼はバスケットをひじに掛けて軽やかに崖を上がり、あっというまに隣に座ってバスケットを見せる。中からは、薄緑のきらきらした葉がのぞいている。
「南のぶきそうです。南アルディス海沿岸の、こうした日当たりのよい断崖に生える草で、傷ついた筋肉をよみがえらせる力があり、怪我の回復期によく効くんです」
「たとえば、いまのルドとか?」
「ああ」ヨルセイスは眉を上げる。「それはいい考えですね」
 ユナは笑う。そのために探したのだろうに。
 ヨルセイスはバスケットを後ろに置き、ふたりは並んで、彼方に輝く海を見つめる。静かだった。風の音と野鳥の歌声だけが聞こえている。
 ヨルセイスは、薄い衣装のふところから銀色の横笛を取りだし、くちびるにあてる。
 笛の音が流れると、鳥たちは聴き入るように歌うのをやめた。美しい調べだった。遠い星から聞こえてくるような、どこかなつかしい調べに、ユナは胸の奥が痛くなった。
 ヨルセイスは吹き終え、笛の余韻が木々や岩のあいだを静かにただよう。そして、消えていった。
 ユナは吐息をもらす。
「きれいな曲ね……」
「フィーンに伝わる古い歌です」ヨルセイスはいった。その声はやさしく、どこか悲しげだった。
 ユナは、金髪を風にそよがせているその美しい横顔を見つめる。
 初めて会ったときから、ヨルセイスはやさしかった。薄い水色の瞳は涼やかで、同時にとてもあたたかだった。けれども、ほんの時おり、その瞳がかげることがある。
 彼は自分のことはほとんど話さないが、前にヒューディが家族のことを聞いたら、妻子はいないといったあと、フィーンはみな家族だとこたえたという。
 エレタナの従兄というけれど、ずっと年長のようだった。いったいいくつなのだろう。何千年ものあいだ、どんな生を生き、どんなことをくぐり抜けてきたのだろうか。そして、二千年前は……。
「あなたは、ルシタナに会ったことがあるの?」
 一瞬、淡い水色の瞳が揺れた気がした。けれども、こうこたえたときには、いつもの涼やかな表情に戻っていた。
「残念ながら、その光栄に浴したことはありません。でも、エレタナからいろいろと聞いていました。明るくて勇敢で、やさしく一本気で||そうそう。もうひとつ。かなりのお転婆だったと」ヨルセイスはほほえむ。「誰かさんと似ていますね」
「最後のところだけね」ユナは笑った。それから、海を見つめて小さくため息をつく。
「ユナ……」
 ヨルセイスは呼びかけ、ユナは黙って目をふせた。
「世の中そのものも当時とは違うのです。あなたは、いまのあなたのままが一番ですよ」
 ユナは、ありがとうというようにうなずいた。ヨルセイスのいう通りだ。過去の自分の亡霊に悩まされるなんて、ばかげている。悩んだって、性格が変わるわけじゃないんだから。そう思うとちょっと気が楽になった。
「同じ戦乱の時代なのに、そのころといまとは違うこともあるのね」いつかデューが話してくれたことを思いながら、彼女はそう口にする。
「ええ。二千年前は、いまよりも技術の進み方がずっと急速でした。そのため、さまざまなひずみが生じて||」言葉が途切れる。「武器もずっと恐ろしいものがありました」
 不意に強い風が吹きつけた。崖の下の方で木々がごうごうと音を立てる。
「いまいろんな国が開発しているような?」
「それもそのひとつです」ヨルセイスは彼方の海を見やる。「でも、当時の戦争には、いまより人間的な面もありました。敵味方の将校が一騎討ちをするときには、ほかの者はいっさい手出しをしないのです。わたしの親友は素晴らしい戦士で、敵の国での最後の戦いは、誰も見たことがないようないっ討ちでした。相手も恐ろしく強かった」
「その戦い、どちらが勝ったの?」
「どちらもそれで命を落としたのです……」
 いつしか、風はやんでいた。
「さて。そろそろ行きましょうか。こんなところで座っているのをデューに見つかると、なんていわれるかわかりませんからね」ヨルセイスはいたずらっぽくいうと、蝶が舞うようにふわりと立ちあがり、ユナに手をさしのべる。
「そうね」ユナはほほえみ、彼の手をとった。
 
 ルドウィンの回復はめざましかった。
 ヨルセイスが海を望む崖で見つけた薬草の効果もあったのだろう。いったん歩けるようになると、日に日に元気になり、その八日後には、中庭でヒューディと木刀による軽い手合わせをするまでになった。もっとも、それはエレタナに見つかり、たちまち法度はっとになったけれども。
 テタイアから使者が戻ったとの知らせが入ったのは、その午後、エレタナに誘われて、果樹園のはずれにある池のほとりを散策し、ユナとヒューディとともに、その一角にある大きな木のテーブルを囲んで、少し遅いお茶のひとときを楽しんでいるときだった。
 一瞬、みんなしんとなった。
「明日の朝、作戦会議が開かれます」知らせを運んできたヨルセイスが、言葉を継ぐ。
 ユナは、そっとヒューディの腕を取った。風がさわさわと吹き過ぎ、りんの花びらが雪のように舞って、彼らのまわりや池のおもてにはらはらと落ちる。
「休暇は終わりってわけだ」ルドウィンは静かにいった。
 
 その夜、ルドウィンが眠りに就こうとすると、誰かが部屋をノックした。
 扉の外には、いつになく深刻な表情でヒューディが立っていた。
「ごめん、こんな時間に。||寝てた?」
「いや」ルドウィンはこたえる。「どうしたんだ?」
「あの||ちょっと話したいことがあって」
「そうか。入れよ」ルドウィンは彼の肩を抱いて中に通す。「なにか飲むか?」
 ヒューディはかぶりを振る。ルドウィンは彼を椅子に座らせ、向かいに座った。
「で、話ってなんだ?」
 ヒューディは切りだしにくそうに視線を落とす。
「そ、その||肩はどう? 今日の手合わせ、響かなかったかな」
「そんなやわじゃないさ」
「よかった。ちょっと心配してたんだ」
「取り越し苦労だったな」
「じゃあ||」ヒューディはちょっとそわそわして、「旅に出られそう?」
「ああ」
「そうか」ヒューディはおざなりの笑みを浮かべる。「よかった」
「おい」ルドウィンはぐいっと身を乗りだす。「よもやそんなことをいいに、夜の夜中に人の部屋までのこのこやってきたんじゃないだろうな」
 ヒューディはさっと真剣な表情になった。
「ルド! ぼくも一緒に行く」
 ルドウィンは黙って彼を見る。
「ルドはユナと光の剣を探しに行くんだろ?」ヒューディはさっと手を伸ばし、彼の両手を取った。「ぼくも連れてって」
「ヒューディ……。気持ちはありがたいが、連れていくわけにはいかない」
「どうして?」
「きみにはもう充分助けてもらった。それに今度は、この館への旅とはわけが違う。未知の、はかりしれない危険への旅だ。子どもの来るところじゃない」
「ぼくは子どもじゃない! ユナと同い年だ。ルドは一度ぼくの命を助けてくれた。だから、恩返しをしたいんだ。少しでも役に立ちたいんだよ」
「そんなことをいうのは十年早いっていったろ?」
「だけど||
「だけどもくそもあるか。もう決めたことだ」
「ルド||
「ヒューディ」ルドウィンは彼の目を見つめ、きっぱりという。「絶対にだめだ! わかったな」
 ヒューディは、部屋の外に出されてからも、しきりに扉を叩きながら訴えていたが、やがて、なにも聞こえなくなった。
 しばらくのあいだ眠れずに考えごとをしていると、ふたたびノックの音がした。
「しつこいぞ!」彼はベッドの中から怒鳴る。「だめだといったらだめだ!」
 だが、少しすると、また遠慮がちな音が聞こえた。
 ルドウィンは大きく息をつくと、大股おおまたで扉に歩みより、勢いよく開けた。
「いい加減に||」そう声を上げかけて、言葉を呑む。
 そこには、深い紫の瞳を彼に向け、エレタナがたたずんでいた。
「ごめんなさい。少しお話ししたいことがあって」彼女は申し訳なさそうにいう。「入ってもいいですか?」
「ええ||もちろんです」ルドウィンは彼女を通し、先ほどまでヒューディが座っていた椅子を引く。「どうぞこちらに」
 グラスを用意しようとキャビネットの方へ向かうと、エレタナはいった。
「おかまいにならないで。すぐに終わります」
「先ほどは本当に失礼しました。てっきり、ヒューディのやつかと||」ルドウィンは彼女の前に座る。
「わたしのほうこそ、こんな時間に。もうお休みでした?」
「いえ、全然。ここに来てから、いやというほど眠りましたからね」彼は笑った。
 エレタナも笑う。それから、彼の瞳をまっすぐに見つめた。
「あの伝説には、伝えられていない部分があるのです……」