15

 セティ・ロルダの館についた翌日、ユナがデューに弓の指導を受けているあいだ、ヒューディは、ルドウィンの容態を案じながら、館の中を所在なげに歩いていた。
 そんな彼に声をかけてくれたのが、エレタナの従兄ヨルセイスだった。灰色の襲撃を受けたあの夜、助けにきたデューが乗っていたあしあるじだ。
 その前日、彼らが館に着いたときには、彼はどこかへ出かけていて、歓迎の晩餐会が終わるころ、館に戻ってきたのだが、ヨルセイスが部屋に入ってきた瞬間、ヒューディは、きらきらした光とともに、さわやかな風が吹いてきたように感じた。
 薄い水色の瞳をした長身のフィーンで、長い金髪をなびかせて、ヒューディたちのもとに歩み寄ってくると、涼やかな澄んだ瞳で彼らを見つめ、遅れたことをびたあと、ひとりひとりを抱きしめた。まるで、長いあいだ会っていなかった友だちにするように、あたたかく、心を込めて。
 だから、翌日、声をかけられたときは、本当にうれしかった。
 ヨルセイスは、ルドウィンはきっとすぐに気がつくからだいじょうぶだと請け合って、広大な敷地を馬で案内してくれた。そして、いくつもの池や果樹園をめぐって戻ってくると、ルドウィンが目を覚ましたという知らせが飛び込んできたのだった。
 それから毎日、ヨルセイスはヒューディとともに白銀の谷を馬で駆けめぐり、時には、剣術の手ほどきをしてくれるようになった。
 エレタナはいった。
「本人はいたって謙虚だから、きっと認めないでしょうけれど、彼はフィーンの中で最も優れた乗り手なの」
「剣の腕も一流です」
 ヒューディの言葉に、エレタナはにっこりした。
「それに、弓の名手なの。デューと勝負したこともあるのよ」
「デューと?」
「ええ」
「どちらが勝ったんですか?」
「どちらも一歩も譲らなかったわ。暗くなるまではね」
「暗くなってからは?」
 エレタナはいたずらっぽく笑った。
「フィーンは、夜目が利くの」
 
 館に来て七日目。部屋で療養していたルドウィンが、ヒューディの肩を借りて初めて階段を降りてきて、中庭のテラスでユナたちと朝食をともにした。
 顔色もよく、デューとヨルセイスと楽しげに談笑し、さっそくヒューディと冗談を飛ばし合っている。ヒューディの笑顔もいつになく明るく、ユナは心からほっとした。
「ルド! 歩けるようになったんだ!」フォゼが声を上げて飛んでくる。香ばしい香りのするパンが入ったバスケットをルドウィンの前に置いて、「どっさり食べてよ。これジョージョーが焼いたんだ。栗麦くりむぎ粉のパン。絶品だよ」
 ぱりっとした上衣に身を包んだフォゼの姿に、ルドウィンは目を丸くした。
「どうしたんだ、いったい?」
「へへ。俺、ここで働いているんだよ」フォゼは得意げにいう。「待ってて。すぐに卵料理も持ってくるから」
 ルドウィンは、厨房へと戻ってゆくフォゼを、呆然と見送る。
「わたし、館の厨房と掛け合ったの」ユナがいった。
「なんだって?」ルドウィンは彼女に向き直る。
「ジョージョーが料理上手だって聞いて、助手にどうかと思って。それから、フォゼは手先が器用で、物を運ぶのが得意だって伝えたの。なにしろ、長年、運搬業にたずさわっていたからって。そんなわけで、いまでは、ジョージョーは料理見習い、フォゼは給仕として、立派に働いてるってわけ。すっかり見直しちゃった」
 ユナは、ヒューディが、あいつらここでうろうろしていたら、ろくなことをしでかさないぞといったことは、この際、黙っておいた。そのヒューディが横からいう。
「ジョージョーはともかく、フォゼの方は、立派というには、ちょっとへいがあるな。料理を配りながら始終つまみ食いをしてるし、上衣のポケットには、どういうわけか、よく銀のフォークなんかがまぎれているようだから」
 その言葉に、みんな笑った。
「ユナ」エレタナがこう呼びかけたのは、そのなごやかな朝食が終わるころだった。「ヨルセイスはいろんななまりを話せるの。彼にテタイア訛りを習ったらどうかしら?」
 心臓がドキンとした。エレタナは続ける。
「ここにはテタイアの将校もいるけれど、どなたも忙しくしているし、ヨルセイスは何度かテタイアに行ったことがあるの。完璧な訛りを話せるわ」
「テタイアの方々は、他の国の言葉の方が訛っているというでしょうけれど」ヨルセイスは笑う。
「ヨルセイス。あなたにできないことって、あるんですか?」
 ヒューディがそういうと、彼はもう一度笑った。
「たくさんありますよ」それから、やさしくユナを見る。「今日から始めましょうか。あなたは耳がいいから、きっとすぐ習得できます」
「そいつは楽しみだ」ルドウィンがいった。「上達したら、いつでも練習相手になってやるよ」
「あなたは話せるの?」その偉そうな態度に、ユナは思わずむっとする。
「ああ」ルドウィンは軽く眉を上げ、テタイアの将校が話しているのと同じ抑揚よくようでいいそえた。「十代のころ、テタイアに遊学していたからね」
「面白そうだな」とヒューディ。「ぼくも一緒に教わっていいですか?」
「もちろん」ヨルセイスはこたえる。「ユナもひとりより楽しいでしょう」
「そうね」エレタナも笑顔でいう。
 そんなふうに、誰もがごく気安く話していたが、それがなにを意味するのか、誰しもがわかっていた。
 旅たく。テタイア人に身をやつし、テタイア王国を旅するための準備だ。こうしてのんびり過ごしているが、それは、かの国の戦闘地域から使者が戻ってくるまでのこと。いつか彼女は、この居心地の良い館を発たねばならない。預言を成就じょうじゅすべく、失われた光の剣を求めて||
 胃の奥がきゅっとなる。
 もちろん、弓の鍛錬もその一環で、それは最初からわかっていたことだ。だが、テタイアという言葉を耳にして、ユナは、自分がなぜここに来たのかを、あらためて思い知らされた。
 この旅に出た当初、ルドウィンに腹を立て、こう宣言したことがよみがえる。
 ||そのなんとか本部ってとこに着いたら、一歩も動きませんからね||
 しかし、彼女を狙った灰色の襲撃で、ルドウィンはもう少しで命を落とすところだったし、ヒューディは故郷に帰りそびれた。運命の歯車は、とうに動き始めているのだ。いまさら引き返すわけにはいかない。それに、二千年も再会のときを待っていたエレタナや、あれほど熱心に弓を教えてくれるデューをがっかりさせたくなかった。だからこそ、少しずつ伝説を受け入れ、自分の使命を受け入れようとしてきたのだ。
 けれども、本当に覚悟はあるのか?
 ルシタナがそうしたように、使命を果たすため、旅立つ覚悟はできているのか?
 一度、エレタナにたずねたことがある。ルシタナはどんな少女だったのかと。
「森で育ったからでしょうね。自然が大好きだったわ。まっすぐで、情熱的で、ちょっと頑固で」エレタナは笑い、それから、真顔になってユナを見た。「ユナ、いまのあなたがすべてなのよ。あなたの中にルシタナもいるのだから。それを忘れないで」
 ||いまのあなたがすべて||
 本当にそうだろうか?
 あるひとつの思いが、心に重くのしかかる。あらゆる点で、自分はルシタナほど優れていないという思いが。
 伝説の中のルシタナは、きらきらと輝き、非のうちどころがない。いつかルドウィンにいわれた言葉が、何度となく耳の奥で鳴り響く。
 ||きみのような娘がルシタナの生まれかわりだなんて、どこでどう間違ったか、天に聞きたいよ。もっと謙虚で聡明で、真の勇気と優しさを兼ね備えた女性であるべきなのにね……||
「ユナ」誰かが腕にふれ、ユナは我に返る。
 ヒューディだった。
「ヨルセイスが、一緒に遠乗りに行かないかって」
 その言葉に顔を上げると、デューとヨルセイスが笑顔で彼女を見ていた。
「たまには弓を休んで羽を伸ばそう」デューがいう。「とっておきの場所があるんだ」
「きっと気に入りますよ」とヨルセイス。「テタイア訛りの習得は、戻ってからでもできますからね」