14

「もう少し力を抜いて、左肩を落として。そう。いいよ。弦をゆっくりとあごの横まで引いてごらん」
 翌日からさっそく、デューはユナの弓のコーチとなった。
 ここは、陽がさんさんと降りそそぐ裏庭。白樺の木立に囲まれた緑の芝の向こうには、小さな果樹園があり、りんの木がうすくれないれんなつぼみを枝いっぱいにつけている。
「じっくり狙って。よし、放して!」
 ユナの放った矢は、的を大きくはずれ、はるか果樹園へと飛んでいった。
「わたし、才能ないみたい」ユナはがっかりしてつぶやく。
 せっかくデューが教えてくれているのに、弓というものは、まったくつかみどころがない。肩や腕や指のあちこちが痛み、だんだんやる気も失せてくる。
「今朝始めたばかりなんだ。それにしてはいいフォームをしてる。勘もあるしね」
「ほんと?」
「ほんとさ。普通は最初から離れては射(う)たせないよ。とんでもないところに飛んでいくからね。このまえ教えた少年には、もう少しで殺されるところだった」
 ユナは笑う。
「疲れた? 少し休もうか?」
「ええ」
 ふたりは芝生の上に並んで腰をおろした。空にはやわらかな雲がぽっかり浮かび、林檎の園を渡ってきたそよ風が、やさしい香りを運んでくる。
 デューは太陽に顔を向け、目を閉じた。
 ユナは、しばし黙ったまま、その端正な横顔を見つめる。それから、ためらいがちに呼びかけた。
「デュー。わたし、疑ってしまうときがあるの。自分が伝説の人物の生まれかわりだなんて||もしかしたら、全部でたらめなんじゃないかって」
 デューは彼女の方を向いた。
「でも、きみはエレタナを見たとき、なにかを感じたんじゃないの?」
 ユナは目をふせる。
「それで充分じゃないのかな?」デューはやさしくいう。
「わからない。こうして、エレタナのそばを離れていると、ふとわからなくなるの。だって||目に見える証拠は、なにもないんだもの」
「ぼくも少し前だったらそういったかもしれない。でも、ユナ。目に見えるものだけしか信じなかったら、世の中は、ずいぶん無味乾燥なところになるんじゃないかな」
 ユナはデューを見た。
「ひとの心のやさしさとか、愛や勇気といったものだって、目には見えないよね?」彼の声はおだやかで、彼女を見つめるその瞳は、どこか寂しげに揺れている。
 彼は立ち上がり、ユナもそれにならった。
「弓のコツも、同じように考えてごらん」
「どういうこと?」
「目には見えないけど、感じとれるものなんだって。エネルギーを自然に流してやればいいんだよ。きみの中にある、光の力だ」
「光の力?」
「そう。すべてのものに宿っていて、世界を創造している聖なる光だ。そして、大いなる宇宙のみなもとにつながる光だよ。いいかい? 意識をじっと集中して。的と自分との距離が感じられなくなるはずだ。あいだになにもないみたいに。ユナ、人間の意志の力は、きみが思っているよりずっと大きいんだよ。きみはもっと、自分を信じていいんだ」
 ユナは彼のいうことを、頭ではなく、心のどこかで感じとった。
 彼女はゆっくりと弓を起こした。弦を静かに引きながら、遠くの的と自分の中に意識を集中させる。エネルギーが光となり、腕から弓に伝わってゆくような気がした。ユナは、感じたままの光を流し続ける。突然、的が大きくなった。そのとたん、的と自分とを隔てていた空間が消える。ほとんど無意識のうちに、矢を放っていた。
 銀の矢は、的に吸いこまれるように飛んでゆき、その中心を射止めた。
「ユナ! 素晴らしいよ!」デューが感嘆の声をあげる。
「デュー!」ユナは顔を輝かせる。「わたし、本当に光を感じた! これが意志の力なの?」
 デューは彼女を見つめ、力強くうなずいた。
 
 ルドウィンは、ほのかなあたたかさを感じた。あたりには、薬草の香りがただよっている。なんともひどい匂いだ。
 彼はゆっくりと目をあける。
 やわらかな日の光が、見慣れぬ部屋にあふれていた。目の前の椅子には、その光をまとったような美しい女性がすわり、静かな笑みをたたえて、こちらを見おろしている。
「ここは?」彼は眉をひそめる。
「セティ・ロルダの館です」女性はこたえた。
 心の奥に響く、やわらかな声。いつかどこかで、こんな声を聞かなかったろうか?
 ルドウィンは遠い記憶をたどるように目を細める。いつか、どこかで……。けれども、なにもかもがぼんやりとして、夢を見ているようにおぼつかない。
 ルドウィンは、彼女の波打つ金の髪と透けるような肌、うるんだ紫の瞳を見つめる。その面差しは、誰かに似ていた。
「あなたは?」
「わたしはエレタナ」彼女はほほえむ。「お目にかかれて光栄です、ルドウィン王子」
「エレタナ王女……」
 不意に、灰色の刃を受けたことがよみがえった。そして、あの戦いのことが。
 ユナ||
 起きあがろうとして、痛みに顔をしかめる。
「まだ無理をなさらないで」エレタナがそっと押しとどめた。「昨日の夕方、お仲間があなたを運んできて、手当をしたばかりです」
「彼女は||ユナは無事ですか?」
「ええ。ユナも、ほかの方々も」
 ルドウィンは安堵の息をつく。
「ありがとうございました。本当に、信じられないくらい楽になっています」
「ユナもよく手伝ってくれました。でも、あなたの命を救ったのは、なんといってもレイン少佐でしょう」
 レイン少佐? 彼は眉をひそめる。
「あなたがたを迎えに行ったルシナンの戦士です。医学にも通じていて、手を尽くして、応急処置にあたってくれました」
「そうでしたか……。彼にも礼をいわねばなりませんね」
「そうですね」エレタナはにっこりし、彼の背中に枕をいくつか入れて、そっと上半身を起こす。「でも、その前にこちらを」
 湯気を立てているカップがさしだされ、部屋中に漂っていた薬草の匂いが、いっそう強く鼻孔を刺激する。
「毒で弱った身体の回復を助けるんです」
 ひと口すすり、ルドウィンは思わずむせた。匂いもひどいが、味はその比ではない。エレタナは、ちょっといたずらっぽい顔をする。
「最後までお飲みくださいね」
 彼は観念したように眉を上げた。
「二度と毒に当たらないようにしますよ」