夜明け前。ジョージョーは、注意をおこたることなくあたりの様子をうかがっていた。
 せせらぎの音が聞こえるなか、隣では、ユナがひざを抱えたまま眠っている。彼女は夜番の相棒で、深夜にルドウィンと交替したあと、しばらくは一緒に起きていたのだが、そのうちうとうとして、ほどなく眠ってしまったのだった。
 前回の夜番のときは、ふたりとも気を張りつめ、励まし合って起きていたのだが、ここはもう東の森ではない。ジョージョーは、ひとりで心細くはあったものの、そのままそっと寝かせておいた。
 不思議な水晶に現れ、あの恐ろしい灰色どもに追われているユナ。
 王子と密かにルシナンに向かうとは、いったいどんな運命を背負っているのだろう。彼には想像することさえできない。
 それなのに、フォゼと自分が水晶を盗んだことで、危ない目にわせてしまった。そう思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。せめて夜番ぐらい、彼女の分も務めたかった。
 ヒューディが目を覚まし、ひとつ大きなのびをした。
「おはよう、ヒューディ」ジョージョーは声をかけ、笑みを浮かべる。
「おはよう、ジョージョー」
 ヒューディは笑顔を返し、ユナが眠っているのに目を留めると、ふたりの方に歩み寄って、そっとユナの肩に手をかけた。
「ユナ」
 小さく二度瞬きし、ユナはぼうっと彼を見る。
「ヒューディ……」
「やあ。朝だよ」
 ユナの目が大きく開いた。それから、はっとしたようにジョージョーを見る。
「ごめんね、ジョージョー。わたし、起きていたつもりだったのに」
「かまわないよ」彼は笑顔でこたえた。「俺、全然眠くならなかったし」
「ありがとう」ユナは彼の腕に手をかける。「やさしいのね」
 あたたかく、やわらかな手。やさしいなどと人からいわれたのは初めてで、ジョージョーは、なんだか急に泣きたいような気持ちになる。
 ヒューディがユナにこう声をかけたので、彼は内心ほっとした。
「ユナ。水を汲みに行かないか?」
 
 ヒューディとユナは、馬を連れて、ゆるやかな草地を小川へと降りていった。あの一件以来、ヒューディは、ひとりでは決して水を汲みに行かず、いつもこうしてユナを誘うのだった。
 まだ明け切らない空のもと、春歌鳥はるうたどりが歌い始める。澄んだ水はさらさらと流れ、淡く落ちた葉影を水面みなもにゆらめかせ、岸辺では、忘れな草がそよ風に吹かれている。
 喉をうるおして顔を洗うと、ふたりは、世界がゆっくりと色づいてゆくなか、水を飲む馬のかたわらに腰をおろし、静かな流れを見つめた。
「きれい……」ユナはため息を漏らす。
 それから、少し間を置いてこういった。
「なにもかも、夢だといいのに。ダンスパーティの日からいままでのこと、なにもかも」
 ヒューディは黙ってユナを見る。
「目が覚めたら、ダンスパーティの朝でね、あなたとレアナとわたしで、パスターさんの馬車に乗って、村の広場に行って、そして、三人で思い切り楽しい夜を過ごすの。あいつらは現れなくて、みんなで一晩中踊って」
 ヒューディはほほえむ。
「ルドはやっぱりユナと踊るかな」
 ユナはどうでもいいことのように肩をすくめた。
「かもね」流れを見つめたまま、ユナはいう。「そのあとわたしは、誰か素敵な男性と踊って、あなたはレアナと踊るの。そして、打ち明ける」
 馬たちは水を飲み終えて静かにたたずみ、鳥のさえずりと、さらさらという水音だけが響いている。ヒューディは澄んだ水面を見つめ、そっとささやく。
「『ずっと、きみが好きだった……』」
「レアナはいうわ。『わたしも』」
 ヒューディは水面に目を落としたまま、真っ赤になった。
うそでもうれしいよ」
「嘘じゃないわ。わたしにはわかる」
「ありがとう」ヒューディはもう一度ほほえむ。
 ユナのやさしさが、胸に染みた。
 
 一行が目指す連合軍の参謀本部は、南アルディス海沿岸に近い白銀の谷にあり、フィーンの国からも、さほど離れてはいない。永遠の命を持つといわれ、真昼の光のように輝くフィーンは、ドロテ軍の後ろに控える灰色の騎士にとって、最大の脅威である。その意味で、白銀の谷は絶好の拠点だった。
 彼らは西へ西へと旅を続け、野宿をするか、人里離れた民家に世話になった。街なかでは、あまりいい噂は聞かなかったからである。
 いまや、ここルシナンにも、ますます激しさを増す隣国の内乱が、色濃く影を落としているのだった。
 
 風のない静かな夜だった。空には一面に薄い雲がかかり、地上にはなま暖かいよどんだ空気が垂れ込めている。
 六人は、小さなくぼに陣取っていた。あたりはごくなだらかな丘陵地帯だが、そこだけ池でもあったかのように、くっきりときれいな円形に落ち込んでいる。ヤンは、野生動物の泥浴び場のあとだろうといった。
「ヒューディ、国境まではあと二日もあれば着くだろう?」ルドウィンが聞いた。
「そうだね。急げば、そのくらいで行けるんじゃないかな。ぼくもこの先は行ったことがないけど」ヒューディはパンをかじりながらこたえる。
「きみの街は、このあたりからだと、北へまっすぐだといっていたよな? よし。明日別れよう。ひとりなら、気軽な旅でもしてるって顔をすればいい。誰も、ウォルダナからの帰りだとは思わないだろう」
「もう少し一緒に行ってもかまわないよ」
「いや」ルドウィンは、眉を上げて微笑む。「この先は、きみの助けがなくてもだいじょうぶだ。これまで、ありがとう」
 ヒューディは、彼のいたずらっぽい笑顔が好きだった。冗談や皮肉をいったあと、少し口の端をあげてにやりとしたり、こんなふうに眉を上げた茶目っ気たっぷりの表情が。
 だが、今夜の彼の笑顔は、なぜか、ヒューディを泣きたい気持ちにさせた。
 ルドウィンという男は、態度も言葉も、とても王子とは思えないし、たいそう強引なところがあって、時には本気で腹が立つ。けれども、いまこの段になって、急に別れがたい思いがヒューディの胸を満たした。
「ルド……」
「世の中が落ち着いたら、また会おう」ルドウィンはヒューディの肩に手をかけ、ぎゅっと力を込める。それから、片目をつむった。「音楽芸術院の面接で」
 
 フォゼは窪地の上でひざを抱え、物思いにふけっていた。夜番だったが、今夜の彼は、子猫ほども役に立ちそうになかった。
 もうすぐ参謀本部に着く。そうしたら、自分はどうなるのだろう。もう必要とされることはなにひとつない。夜番だって要らないのだ。本物の護衛がいるのだから。
 せめて料理でも得意だったら、コックとして置いてもらえるだろうに、食べる方は得意だが、作る方はいつも器用なジョージョーにまかせていた。もしかしたら、着いたとたんに牢にぶち込まれたりして。
 ||地下牢にぶちこんでおけ||
 そういい放ったルドウィンの顔が浮かんでくる。
 ||処分はあとから考える||
 確か、そんなことをいっていたっけ。
 不意に、風が出てきた。フォゼは空を仰ぐ。先ほどまで全天を覆っていた雲が切れ、夜空の晴れ間から星々がのぞき、地上の彼に淡い光を投げかけた。
 逃げよう。フォゼは決心した。
 窪地を見おろすと、みんなすっかり寝入っていた。いつもの仕事の要領で、足音を立てぬようそっと降りる。ジョージョーの寝顔を見たときには、さすがに胸が痛んだ。ごめんよ、相棒。おまえはコックとして立派に生き残れよ。
 食料だけは忘れてはならない。胸の鼓動を抑えつつ、ヒューディのすぐ脇にあった麻袋を開け、ジャガイモやチーズ、厚焼きビスケットなどを、次々と自分の荷物に詰め込みはじめた。
「見たんだよ!」
 突然ヒューディが声を上げ、フォゼは飛び上がりそうになる。
「この目でちゃんと見たんだ! 幻なんかじゃないよ」
 顔をのぞき込み、ほっと息を吐く。なんだ、寝言かよ。
 食料を詰め終え、フォゼは立ち上がった。ヒューディの少し先では、ルドウィンが眠っている。
 あばよ、王子。もう二度とつかまるもんか。
 そう心でつぶやいたとき、彼が腰に帯びている短剣が、フォゼの目をとらえた。金の柄にほどこされた彫りは、シンプルだが洗練されており、見るたびに密かにほしいと思っていたものだった。
 王子は長剣も帯びている。こちらを失敬したところで、さほど不自由はしないだろう。
 フォゼはヒューディの足もとをまわって、忍び足で近づいた。
 ルドウィンの厚い胸は、呼吸に合わせて規則正しく上下している。ふところには、例の水晶が忍ばせてあるに違いない。けれども、もうかかわる気はなかった。あれはなにやらわけありだ。へたをすると、また灰色が現れないとも限らない。だが、この短剣なら||
 身をかがめ、心臓が激しく打ち始めるのを感じながら、じっとりと汗ばんだ手を伸ばした。指先が柄の先にふれる。ルドウィンは、身動きひとつしなかった。
 いいぞ。そのままいい子で寝てろよ。
 柄に手をかけ、そっと引き抜こうとして、眉をひそめる。短剣は、思いのほかしっかりと、革の剣帯に留められて、簡単には抜けそうもない。剣帯を緩めようかとも考えたが、すぐにかぶりを振った。目を覚まされては、もともこもない。
 よし。さやはあきらめて、本体だけ頂戴ちょうだいしよう。
 右手で柄を握って、慎重に引き抜く。鋭い刃が、その冷たい姿を現した。なんて美しいのだろう。鞘がなくとも十分に値打ちはある。
 ひとりほくそ笑んで立ち上がる。王子に背を向け、三歩踏みだしたところで、低い声が響いた。
「これもあった方が便利だぜ」
 フォゼは飛び上がる。
 振り向くと、ルドウィンが鞘を片手に立っていた。
「あわてて手を切るといけないからな」
 フォゼは短剣を草の上に取り落とした。
 
 同じころ、ぐっすり眠っていたユナが、ぱっと跳ね起きた。まわり中の空気が、悪意と殺気に満ちている。全身が総毛立った。
 馬たちが落ちつかなげに足踏みを始め、全員が目を覚ました。
 ヒューディは、何かに呼ばれるように窪地の斜面を登る。ルドウィンとヤンはすでに上にいた。
 次の瞬間、夜風がすっかり雲を散らし、こぼれるような星明かりのもと、灰色の騎士の姿がくっきりと浮かび上がった。
 ヒューディは息を呑む。
 全部で十一騎。灰色どもは、こちらに向かって馬を進めながら、窪地を包囲するようにゆっくりと横に広がってゆく。
「奴らだ!」ルドウィンが、窪地を振り返って叫んだ。
 あたかも、それを合図にしたかのように、騎士たちが一斉に剣を抜き、彼の正面にいた一騎が、馬の腹を蹴って突進してきた。
 ヒュッ!
 鋭い音とともに、短剣がルドウィンの手を離れる。そして、駆けてきた一騎の胸に、深々と刺さった。
 騎士はもんどり打って落馬する。
 リーダーとおぼしき男が、怒ったように何か大声で命じると、騎士たちは次々と馬から降りた。
 ヤンはすっとやりを構え、ヒューディも、汗ばむ手で短剣を握りしめる。
「じっとしてろ!」ルドウィンは窪地を振り返り、上がってこようとしたユナにいうと、腰の剣を抜く。
 灰色たちも剣を構え、一斉に地面を蹴った。