12

 ユナは、フォゼとジョージョーとともに、馬たちの陰で、ふるえながら息をひそめていた。すぐ上からは、剣と剣の交じわる音、なにかが倒れる音や激しくぶつかる音、雄叫びや怒鳴り声が聞こえてくる。
 一番端にいた馬が、ひと声いなないた。ユナはどきっとして振り向く。
 騎士のひとりが窪地に降りてきて、あたりを見まわした。
「ひえっ!」ジョージョーが声を漏らす。
 騎士は、さっと振り向いた。フードの奥から、うす黄色に光る二つの目が、まっすぐにこちらを見る。
 ジョージョーとフォゼの歯がガチガチと音を立て始めた。
 ユナの心臓も、ものすごい勢いで打ち始める。なんとかしなきゃ。逃げるか叫ぶか、なんでもいいから。そう思うのに、身体がまったく動かない。
 と、少し離れたところに置かれた弓が、目に飛び込んできた。
 ユナは、考える前に駆け寄って、弓と矢をつかんでいた。
「来ないで! 近寄るとつわよ!」自分でも驚くほどの大声でいうと、ふるえる指で矢をつがえ、相手に向ける。
 騎士は動じなかった。
 実際に矢をたことがないのは、ひと目でわかるに違いない。一歩一歩近づきながら、ゆっくりと剣を構え、フードの奥からユナを見据える。
「娘よ」騎士は、こもったような息づかいとともに、低い声でいった。「おまえに手出しはしない。ただ、われわれと一緒に来ればよいのだ」
「まっぴらごめんよ!」
「弓をおろせ。どうせ射てまい」
 そのあざ笑うような声を聞いたとたん、恐怖心は消えた。身体のふるえがぴたりとおさまり、ユナは弦をきりりと引き絞る。そして、心を落ち着け、あと数歩と迫った騎士の胸もと、中央よりわずかに左寄りに、狙いをさだめた。
 銀の矢は、ほとんど無意識のうちに放たれた。
 鈍い音がした。騎士はがっくりとひざをつき、フードの奥からユナを見据えたまま、横ざまにどっと倒れる。
「みくびらないで」ユナは騎士を見おろす。
 矢は完全に身体を貫き、背中からその鋭いやじりを突きだしていた。
 
 そのころ、窪地の上では、壮絶な戦いが繰り広げられていた。
 槍を手に三人を倒したヤンは、四人目を相手にしており、小柄なヒューディは、短剣を手に、すばしこく身をかわしては敵を翻弄ほんろうしていた。きのこの化け物を相手に練習した成果だ。
 しかし、今度ばかりはついてなかった。刃を避けて、ひらりと後ろに飛びのいたところに、ヤンが倒した男の遺骸があったのだ。
 ヒューディはあおむけにひっくり返り、短剣がその手を離れる。
 ルドウィンは、リーダーとおぼしき、ひときわ大きな相手と渡りあっていた。激しい応酬の末、ようやく隙を見て追い込むと、相手の剣を自分の剣で払い飛ばし、間髪を入れずに身体ごとぶつかる。ルドウィンの剣は、灰色の胸を深々と刺した。彼がヒューディの悲鳴を聞いたのは、そのときだった。
 振り向くと、両手を後ろについて上体を起こしたヒューディに、騎士の刃が振り下ろされようとしていた。
 一刻のゆうもない。ルドウィンは身を投げだし、ヒューディにおおいかぶさる。右肩に、激痛が走った。
 灰色の騎士が、怒りの声を上げる。とどめを刺そうと、ふたたび剣を振りあげる気配がした。けれども、身体がいうことをきかない。
 ビュッ! くうを引き裂き、なにかがうなった。どさっという大きな音がして、地面が揺れる。
 剣を手にした騎士が、ヤンの投げた槍に串刺しにされて、勢いよくあおむけに倒れたのだった。
「ルドウィンさま!」
 ヤンは駆け寄り、王子を抱き起こす。その下から、真っ青な顔をして、ヒューディが起きあがった。
「ルド……」泣きそうな表情でルドウィンをのぞきこむ。
 肩の傷口から鮮血が噴き出していた。
「心配するな」ルドウィンは、焦点の合わない目でヒューディを見ようとする。「俺は||タフにできているから」
 ヒューディがこたえる間もなく、残っていた二名の騎士が向かってきた。
「この灰色野郎!」ヒューディは相手がたじろぐほどの剣幕で叫び、短剣を手に取る。
「フォゼ! ジョージョー! 王子を頼む!」ヤンも怒鳴り、腰の剣を抜いた。
 すさまじい戦いが始まる。
 そんななか、少し離れたところで、身をふせ、様子をうかがっている騎士がいた。けれども、どちらも、その騎士にはまったく気づかなかった。