「この前、夢を見たんだ」忘れな草のかたわらを通り過ぎ、リーはささやく。「イーラスのやつが発った夜に」
「どんな夢?」姉はささやき返した。
「フィーンのダイヤモンドの夢だよ。光の剣として切り出される前の姿で、信じられないくらい大きな六角すいのダイヤモンドだった。そこは夜の工房で、闇のなか、円形の台座の上で、ゆっくりと息をするように青い光を放っていたよ。とても静かで、清らかな光だった」
 そのとき感じた不思議ななつかしさを、うまく言葉にできなくて、少しのあいだリーは口をつぐむ。
 ダイヤモンドは聖なる原初の光を湛え、星々の世界から聴こえてくるような神秘的な調べを奏でていた。けれど、言葉にすると、なにかが失われてしまう。
 ふたりはヤドリギ草の一角にさしかかった。リーは足を止めて、やわらかな薄緑の葉を摘み始める。
「急に、工房の空気が変わった。気がつくと、黒いローブをまとった男が、ダイヤモンドの前に立っていた。先のとがった銀色の石を手に、じっと目を閉じて」
 リーのかたわらで葉を摘みながら、姉はひとことも口をはさまずに耳を傾けている。
「男は低い声で呪文を唱え、それから、かっと目を開けて石を振り上げた。
 ぼくはとっさにやめろと叫んで、男の腕をつかもうとした。けど、声を上げることも、腕をつかむこともできなかった。ぼくの身体は、どこにもなかったから……。
 銀の石が振り下ろされた。ダイヤモンドは目もくらむようなまばゆい光を発して、耳をつんざくような悲鳴を上げた」
 幼いころから、リーはよく夢を見た。夢の中で、鳥の声や木々の声、石の声をたくさん聞いた。見知らぬ光景や、見知らぬ人々の夢も見た。さまざまな色彩や香りに彩られた、美しい夢や悲しい夢を、数え切れないほど。けれど、あれほど生々しい夢は、初めてだった。
 ダイヤモンドの断末だんまつの叫び声が、耳にまざまざとよみがえる。
 リーは葉を摘む手を止め、身体を震わせた。村の石切り場では、石は決してあんな声は上げなかった。この宮殿の掘削現場でも、一度も耳にしたことはない。ただの一度だって||
 姉が心配そうに彼を見た。リーは気持ちを静めて言葉を続ける。
「光は、ものすごい勢いであたりを駆けめぐってから、むちのようにしなって、男に襲いかかった。
 次の瞬間、すべての音が止まり、すべての動きが止まった。男は銀の石を振り下ろしたまま、光の鞭は大きくしなったまま、男の顔すれすれに。
 そのとき、時が止まったようなその世界で、ダイヤモンドの切り口から、涙のようなしずくがきらきらとこぼれ落ちた。ぼくは手をさしのべた。身体がないことも忘れて。
 けれど、いつのまにか、身体はあったんだ。なぜって、手のひらの上で、大きな雫が三粒、さざめくように輝いていたから……」
 リーは言葉を切り、発掘現場を埋め立てる音が響くなか、薬草園に沈黙が落ちる。風さえも、そよとも吹かなかった。
「すべてが止まったその世界で、ぼくはその雫を胸に抱いて、息をひそめた。と、きりにとけるように工房が消えた。気がついたときには、ぼくは星々の中に浮かんでいた。
 指のあいだから、青い光がもれていて、手を開くと、三粒のダイヤモンドが歌いかけてきた。澄んだ声で、どこか遠い世界の歌を。聞いたことがないのに、とてもなつかしい歌を。それから||
 それから、狼の遠吠えが聞こえたのだ。
 狼は歌っていた。ダイヤモンドの声に寄り添うように、喜びと悲しみに彩られた、遥かなる世界の歌を。切なさが、リーを包んだ……。
「それから||」少し迷って、リーは続ける。「下を見ると、地上が見えた。白銀の山々や雄大な川、どこまでも続くマレンの荒野、そして、石造りの白い街と、壮大な宮殿が。
 ぼくは、ゆっくりと宮殿に降りていった。宮殿には、高い塔があった。広い庭園には、てんをかたどった噴水も見えた。とてもきれいなのに、なぜかとても悲しい光景だった。
 ぼくはどんどん降りていって、気がつくと、あの工房にいた。高い天井の下、浮かぶようにただよって。
 工房では、松明やランプを手にした男たちが、なにかを探しているのが見えた。すみから隅まで、それこそ、血眼になって。黒いローブの男はいなかった。やがて、男たちは立ち去った。
 それでも、ぼくはまだじっとしていた。
 すると、暗い工房の片隅で、緑の光がまたたいた。そして、手の中のダイヤモンドが、うれしそうにさざめいたんだ。はっと目を凝らすと、エメラルドのようなふたつの目が、まっすぐにぼくを見ていた。
 それは黒猫だった。前足を立てて、工房の隅に座ってたんだ。とてもきれいな猫だったよ。猫はぼくを見つめて、長い尾をゆっくり振った。ぼくは音を立てないよう、石の床にそっと降りた。
 黒猫は、やさしい花の香りがしたよ。やわらかな身体をなでると、足にまとわりついてきて、ごろごろと喉を鳴らした。それから、ふっと消えたんだ。闇の中に溶けるように。
 ぼくは、黒猫がいたところに、ダイヤモンドの雫を置いた。そして、祈るように目を閉じた。
 そうしたら、この世界で目が覚めたんだ……。
 ぼくは部屋のベッドで寝ていて、いつものように、同僚たちのいびきが聞こえていた。手をひらくと、暗いなか、ごりの光がきらきらと輝いた。それが消えたあとも、しばらくのあいだ、ダイヤモンドのさざめくような感覚がまとわりついていた……」
 リーは吐息をもらし、姉を見つめた。その夏の空のような青い瞳を。
「あの人がしていたのは、そのダイヤで作ったブレスレットだよ。それがあの人を光の剣に導いたんだ。石同士、互いを呼び合うから。夢を見ているときはわからなかったけど、ぼくは、そのためにダイヤモンドの雫を守ったんだ」
 長い沈黙があった。息のつまるような沈黙が。それから、ラシルはいった。
「二千年前、あんたがあのブレスレットを守ったっていうの? 彼女がめていたというブレスレットを||
 その声を聞いたとたん、夢の話をしたのは間違いだと思った。影の剣のことは、あえていわなかったけど、この夢のことも話すべきじゃなかった。
「あれは、ほかの誰かだったかも」リーはいう。「その人のことを夢で見ただけかも」
 けれど、彼は確かにあの工房にいたのだ。全身の細胞が、あの静かで清らかな光を覚えている。それから、ダイヤモンドの凄絶せいぜつな叫びと、その切なる祈りを。ダイヤモンドの雫のさざめきと、星の世界から届くような、遥かなる歌を。
 そして昨日、娘のブレスレットにふれたとき、リーは同じ光を感じ、同じ歌を聞いたのだ。人の思いは読み違えるかもしれない。けれど彼は、石の声を聞き違えたことは一度もなかった。
 祖母の言葉を思い出す。
 石の声や木々の声に耳を澄ましていると、世界のことがよくわかる。すべてはつながっているのだから。ただ、人は自分で体験したことしか本当にはわからない。たとえおまえが感じていることを、ほかの人にわかってもらえなくとも、がっかりしたりせずに、それを大切にしなさい。
 祖母は、そういっていた。
 ふたたび、長い沈黙が流れる。いや、実際にはほんの一瞬だったのかもしれない。やがて、姉はいった。
「それか、やっぱりリーだったかも」温かな声だった。リーの心の芯まで温まるような。「それで」姉は言葉を継ぐ。「誰がそのダイヤモンドをブレスレットにしたの?」
「たぶん、黒いローブの男だと思う」
「え? その男||ダイロスなんじゃないの?」
 リーはきっぱりとかぶりを振る。
「あれはダイロスじゃない」
「なぜわかるの?」
「ダイロスより、ずっとダイヤモンドに近い感じがしたから」
「それ、どういう意味?」
「うまくいえないけど、あの男は、ダイヤモンドと、どこか深いところでつながっているような感じがしたんだ。あの繊細なブレスレットを見ればわかる。ダイヤモンドのことをとても大切に思っていたんだって」
「でも||大切だったら、剣にしたりするかな」
「もちろん、普通はしないさ。けど、ダイロスに逆らえなかったんだ。何らかの理由で。だから、そのつぐないとして、密かにブレスレットを作ったんだよ。いつの日か、ルシタナのもとに届くように。ルシタナが、それで光の剣を探せるように」
 姉はしばし考え込んだ。それから、口を開く。
「だけど、その男は、どうやってルシタナのもとに届けたの?」
「きっと誰かに託したんだよ。誰か、心から信頼できる人に」
 靴音が響いた。リーは回廊かいろうのほうに目を走らせる。
 年配の庭師がやってくるのが見えた。薬草園でのリーの相方で、少しぼんやりしているが、気のいい男だ。それでも、油断はできない。リーは笑顔で片手を上げ、ラシルも会釈をする。庭師は気づき、帽子に片手をあてて笑みを返した。
「ヤドリギ草はもう充分だね」リーは姉に向き直って、いつもの声でいう。「あと、紫ミントはどう? この時期の紫ミントには、ヤドリギ草と同じくらい強い覚醒かくせい作用があるよ」
 
 ラシルの心臓は、降りてきたときよりいっそうどきどきしていた。
 ミントを育てている一角は、庭師が手入れを始めた一角からは離れており、発掘現場の埋め立ての音が、ふたりの声をかき消してくれるだろう。それでもラシルは不安になり、身体が小さくふるえてくるのを感じる。弟が、だいじょうぶだよというように、ラシルの手をぎゅっと握った。
 紫ミントの茂みは、さわやかな香りで満ちていた。ふたりが葉を摘み始めると、それがいっそう強くただよう。
「この夏の紫ミントは、特に香りがいいね」リーがいう。
「ほんと」ラシルはうなずき、声をひそめた。「ねえ、リー。前にいってたよね? そんなすごい石が近くにあったら、その声が聞こえるに決まってるって。だから、ダイロスは光の剣は遠くに隠したんだろうって。いま、その石の声、聞こえてるの?」
 リーはうなずく。
「あいつが肌身離さず身に帯びて、その力を全身で感じてるのも、なんとなくわかるよ」
 ラシルはぞっとした。
「あの三粒のダイヤモンドは、もとのダイヤモンドと呼び合ってるんだよね?」いっそう声をひそめ、「だったら、グルバダはその剣を通して、近くに分身があるって気づいているんじゃないの?」
「気づいちゃいないよ」
「どうしてわかる?」
「やつは、あるってことを知らないし、ブレスレットは息をひそめてるから。それに、そうじゃなくても、だいじょうぶだと思うよ。ほら、太陽が照ってるときは、星は見えないだろ?」
 そういったあと、リーは手を止め、ぱっとラシルを見上げた。
「姉さん。あのブレスレットを渡して、あの人を逃がそう」
||どうやって?」
「考えがあるんだ」弟の顔に大胆だいたんな笑みが浮かぶ。「地下の洞窟から逃がすんだよ。今夜、真夜中に」
 ラシルは息を呑んだ。
「リー||そんなの絶対に無理だよ」
「あの人が逃げたら、あいつはまた剣を隠す。けど、あのブレスレットさえあれば、彼女はまた、光の剣にたどりつける。それに、ぼくも手伝える。きっと、どこに隠したかわかるから」
 弟は熱っぽくいい、口をはさもうとしたラシルを素早くさえぎる。
「姉さん。明日、儀式が始まったら、あいつはきっと、あの人の力をすべて奪う。そうなったら、なにもかも手遅れだ」
「待って。わたしだって助けたいけど||
「だったら、あの人に計画を話して。ぼくが洞窟から逃がすから」
 ラシルは、はたと思い当たった。
「リー。まさか、また洞窟に降りたんじゃ||
 弟はいたずらっこのように肩をすくめる。
「行かずにはいられなかったんだ。うまくやったよ。一度も気づかれてない」
「一度も? いったい何度くらい行ったの?」
「覚えてない」
 なんてこと||
「洞窟は迷路みたいだっていうじゃないの。足を踏み入れたら一生出られないって」
「暗いせいだよ。目が見えたら、そんな迷わないさ」
 弟は幼いころから夜目が効いた。それに、渡り鳥のように方向感覚が優れている。夜中にこっそり家を抜けだし、夜の山をさまようくせがあったけれど、必ず帰ってきたものだった。
「それに、迷ったときは、いつも||」リーは一瞬、いいよどみ、「いつも直感が助けてくれた」
「かりに地上に出られたとして、その先どうするの? まわりは敵だらけなんだよ。どうやって逃げるつもり?」
「馬を呼ぶんだ」
「馬||?」
 リーはうなずく。
「野生の馬だよ。洞窟から地上に出たとき、月光の下を群れになって走ってたんだ。乗ってみたけど、気性は荒くない。少し慣れたら、口笛で来るようになったし、絶対だいじょうぶだよ」
 あきれて言葉が出なかった。
「ほんの二、三回乗っただけだよ」弟は急いでいいそえる。「いざというときのために、試しておきたかったんだ。こんなふうに役に立つとは思わなかったけど」
 思わずため息がもれた。
 風が吹きおろし、林檎の若木やさまざまな薬草が、さわさわと音を立てる。
「そろそろ戻らなきゃ。一緒に来て、リー。助っ人に呼んでいいっていわれたの」
 弟は笑顔になった。
「だったら、歩きながら話そう」
 
 娘にはずっと見張りがついているし、衛兵がそこら中で目を光らせている。弟は、いったいどうやって部屋を出て、洞窟に降りるつもりなのだろう?
 回廊に向かう途中、クチナシの手入れをしている庭師と黙礼を交わしながら、ラシルの胸に不安がうずまく。
「やつらを出し抜くのは、そんな難しくないよ」
 そんなラシルの思いを感じとったかのように、リーがささやいた。
「抜け道もたくさんあるし、いざというときの隠れ場所もいくつか知ってる」
 ふたりはアーチを抜けて回廊に出た。
 途中、行き交う者たちに何度か中断されながら、弟は話を続ける。
 あの娘を助けたいと思っていたはずなのに、聞くほどに、ラシルの不安は増していった。
「リー」回廊を抜け、渡り廊下から別の中庭に抜けながら、低い声でいう。「そんなうまくいくかな」
「わからない。けど、やるしかないよ」
「もし||もしなにか、思わぬことが起こったら? それに、うまくいったとして、彼女を逃したのが誰だかわかったら?」
 そうなれば、必ず殺される。それも、ひどく残酷な方法で。
 自分だけならまだ耐えられる。けれど、弟がそんな目に遭うかと思うと、考えただけで耐えられなかった。
 沈黙が落ち、埋め立て工事の音と、ふたりのかすかな足音だけがあたりに響く。
「お祖母ちゃん、いってたよね」
 弟が沈黙を破った。
「薬草は毒にも薬にもなる。よい薬草使いになるには、間違った薬草を間違った方法で使わないことだって。それには、いつも澄んだ心で、誠実に生きることだって。迷ったら、心の声を聞きなさいって。
 ぼくの心は、あの人を助けろといってる。その声を、ちゃんと聞きたいんだ」
 行く手、宙を見つめて話すリーの顔は、ほのかに上気し、こめかみの傷痕がくっきりと浮かび上がっている。
 祖母を殺した兵士に向かっていって受けた傷。ラシルがただふるえているとき、小さな身体で屈強な相手にぶつかっていったときの傷||
「姉さんとぼくは、たぶんこの先も薬草使いとして生きていける。でも、宮殿が完成したら、村の人たちは殺されるよ。みんなそう感じてる。抜け道を掘ったり隠れ部屋を造ったりして、秘密を知りすぎているから」
 言葉を切って、ラシルを見上げる。
「姉さんは、それでいいの?」
 まっすぐなまなざしが、ラシルの瞳の奥を見つめ、ラシルの心は激しく揺れた。