31

「見せたいものがあるんだ」
 さっとラシルの手をとると、弟は足早に歩き始めた。小さな青い実をつけた林檎りんごの若木を中心に、広い薬草園に放射状にのびた小径を、ものもいわずに、ラシルの手をぐいぐいと引いて。
「待って、リー。わたしが降りてきたのは||
 リーは振り返った。
「わかってる。やつらがしびれを切らして、あの人を起こせっていったんだろ?」
 ラシルはちょっとびっくりする。弟は昔から勘がよかった。
「あとでヤドリギ草あたりを適当にみつくろうよ。でも、もうきっと||
 その声をさえぎって、低い音が響いてきた。リーは足をゆるめ、ラシルの顔を見る。
 言葉をかわさなくても、ふたりにはわかった。
 発掘現場の埋め立てが始まったのだ。探していた剣が見つかったのだから、もう発掘の必要はない。明日に備えて、宮殿前広場を整えようというわけだ。
 弟はふたたび足を早め、林檎の若木をまわって、忘れな草の小径に入る。
 見せたいものってなんだろう?
 これほどまでに真剣な表情の弟を見るのは初めてで、ラシルは声もかけられない。
 忘れな草の茂みを過ぎたところで、リーが足を止めた。地面に片ひざをついて、青々と茂ったすみれの葉の下に手を入れ、なにかをつかんでそっと引きだす。
 ほっそりした指のあいだから、神秘的な青い光がこぼれ落ちた。
 そしてリーは、ラシルの目の前で、ゆっくりと手を開いた。その手の中で、澄んだ美しい石が燦然さんぜんと光を放つ。繊細な銀の鎖で結ばれた大粒の石が三粒、まばゆいほどにきらきらと。
「ダイヤモンドだよ」リーはささやく。「あの人がしていたんだ」
 息づくように輝く石にすっかり魅せられ、ラシルは言葉を失った。時間の感覚さえも……。
「さわってみて」
 弟にうながされ、ダイヤモンドにそっとふれる。
 そのとたん、指先から腕を通して、せいれつな光が心臓に流れ込むような衝撃が走った。
 びっくりして手を離す。
 祖母は、村の石切り場で採れる水晶やざく石を、村人の病をいやすのに使っており、ラシルもそれを手伝っていたけれど、こんなふうに感じたのは初めてだった。
「あの人はルシタナの再来さいらいだから、長いこと灰色に抱えられてきても耐えられたんだと思う。でも、もうひとつ||
 リーはブレスレットをすみれの葉が重なる中へと戻し、ラシルを見る。
「この石に守られていたんだ」
 弟がいうことは、わかる気がした。手を離したいまも、先ほどの清冽な光は、ラシルの身体にはっきりと残っており、これまで感じたことのないような感覚が、全身を包んでいる。
「でも」ラシルはふと眉根を寄せ、「こんなブレスレットをめてたら、大佐だって気がつくはずじゃない?」
「あの石は、ずっとなりをひそめていたんだよ」
「なりをひそめてた?」
 リーはうなずく。
「息をひそめるんだよ。姉さんやぼくが大人の前で目立たなくしてるみたいに」
「じゃあ、リーはどうしてわかったの?」
「イーラスのやつがあの人を運んできたとき、かすかに石の声が聞こえたんだ。それで、さりげなく近づいたら、袖口から青い光がこぼれてた」
 まだ埋め立て工事の音が響いていたが、万が一でも聞かれてはいけないというかのように、弟はいっそう声をひそめる。
「特別な石だとわかった。守らなきゃならないことも」
「でも||いつ外したの?」
 あのときリーは、ブレン軍医に息吹草をとってくるよういわれ、すぐに部屋を出ていったはずだ。そして、ラシルが娘の服を脱がせたときには、衣服のほか、金のペンダントを身につけていただけだった。
「調合室にバスケットを取りにいったあと、ベッドの横を通って部屋を出たんだよ。イーラスと軍医は、ちょっと離れて小声でなにかいい争っていたし、姉さんは編み上げ靴を脱がせてた」
 弟はいい、どきっとするほど大人びた目でラシルを見た。まだ十一歳なのに、二十歳の若者のような目で。
「姉さん」そう低い声でささやく。「これは、フィーンのダイヤモンドの欠片だ。大いなるダイヤモンドの一部だったんだよ」
 ラシルは、弟を見つめ返した。
 光の剣を切り出すと、残りのダイヤモンドは燃え尽きたはずだ。少なくとも、伝説はそう伝えている。それに、いくらリーが石の声が聴けるからといって、どうしてそんなことがわかるのだろう?
 リーはさっとあたりを見回した。薬草園には、まだふたりきりだ。
「薬草を頼まれたんだろ?」ラシルの手を引いて歩き出す。「んでいこう」
 
 リーはずっと、姉とふたりきりになれる機会を待っていた。
 時間は長くはとれないだろうし、姉がどこまで自分の話を信じてくれるかわからない。だから、ラシルが薬草園に降りてくるやいなや、ブレスレットを見せたのだった。
 自分の手でふれたなら、あの石がただのダイヤモンドではないと感じられるはずだから……。
 この宮殿に連れてこられたあと、リーは密かに洞窟を探索した。
 自分ならルシタナの再来を助けられる気がしたのだ。彼には石の声が聞けたから。たとえ石が眠っていても、その波動を感じられたから。そうしてルシタナを手伝って、大いなるダイヤモンドをフィーンの世界に還したいと思ったのだ。
 人が聞けば、子どもが考えそうなことだと笑うだろう。だが、リーは真剣だった。
 彼は石や岩の声に耳を澄まし、このあたり一帯が、昔とはかなり姿を変えていることを知った。
 二千年前、大きな地震があったのだ。大理石の硬い地盤の中にも、もろい部分が混じっていて、そこにれつが走ったことで、上にあった石窟の宮殿は、一部が崩れ去っていた。
 そのほか、地震よりもっと大きな力が働いていたこともわかった。リーには、それがなにかはわからなかったけれど、真っ白な光が炸裂さくれつするイメージと、破壊的なエネルギーのごりが伝わってきた。
 洞窟の方は、昔の姿をとどめているところが多かった。崩落した箇所もあったが、どこがそままのところかは、見ればすぐにわかったし、どこに古い洞窟が埋もれているかも、耳を澄ませば手にとるように感じられた。
 けれど、絶大な力を持つような石の波動は、どこにも感じられなかった。
 もちろん、ダイロスの魔力で封印されているに違いない。ただ、まわりに、そのこだまくらいは残っているはずではないか。
 どう考えてもおかしかった。
 リーはさらにじっと耳を澄まし、洞窟が想像を絶する長さで続いていることを知った。そして、悟った。
 ダイロスは、光の剣を延々と続く洞窟の果てに隠したのだ。
 ダイロス||。フィーンの至宝を奪い、伝説の戦争を引き起こした男。
 リーにとって、祖母が語る二千年前の伝説の人々は、いつだって、家族や村の石工と同じくらい身近に感じられたものだった。なかでも、ルシタナとダイロスは別格で、そのふたりは、圧倒的な存在感でリーの心を占めていた。
 そのせいだろう。空中庭園のテラスから、初めてグルバダを見たときの衝撃は、いまもはっきりと身体に残っている。
 見事な馬にまたがり、少数の精鋭を従えて颯爽さっそうと現れた姿からは、自信とエネルギーがほとばしっていた。
 リーは急いで大広間に降り、衛兵の目を盗んで翼のある獣の彫像に登った。そして、その翼の陰に身を隠し、細心の注意をはらって気配を消した。
 やがて、グルバダが入ってきた。リーの目は、腰に帯びた長剣に引き寄せられた。暗い波動を発する、その黒々とした剣に。そんな波動は、生まれてこのかた感じたことがなかった。
 すぐにわかった。影の剣||。祖母の伝説で聞いた影の剣だ。
 光の剣と対となって、不死身の騎士を生み出した剣。蒼穹そうきゅう山脈でとれる希少な銀を魔術で鍛えた剣だ。窓から降りそそぐ光のもと、それは限りなく暗い情念をたたえ、血に飢えた伝説の魔犬のごとく、失われた相方を求めていた。
 グルバダは二日間滞在し、自ら発掘現場で陣頭指揮にあたった。魔術に通じ、心を読むといわれていたが、それは見ただけでわかった。
 もしもリーが石の声を聴くことができると知ったなら、グルバダは彼を発掘現場でれいのように使うだろう。
 リーは、グルバダが宮殿にいるときには、いつも以上に心の守りを固めた。
 次に訪れたとき、グルバダは、村を襲った部隊の指揮官イーラスを側近にともなっていた。
 それ以来、グルバダは、ほとんどイーラスと一緒に現れるようになった。ひと月前、イナン王子が運ばれてきた翌日もそうだ。
 そして、あの日からずっと宮殿に留まっている。これまでは、三日もしないうちにふたたび戦地に発っていたのに。
 悪い予感がした。
 そして五日前。その予感は、はっきりとした形となってあらわれた。
 宮殿の南にあるマレンの森で、ほかの薬草使いたちと、マレン酒に漬ける実を摘んでいると、グルバダの影の剣がおののくようにふるえたのが、衝撃波となって心臓に伝わってきたのだ。
 その瞬間、リーの心に、燦然と輝くダイヤモンドの刀身が映った。銀のさやから、その美しい刀身が、ゆっくりと姿をあらわすのが。
 リーは知った。ついにルシタナの再来が光の剣を見つけ、剣が二千年の封印をとかれて目覚めたのだと。そして、それが空間を超えて、影の剣に伝わったのだと。
 その午後、イーラスは宮殿を発った。選びぬかれた灰色どもを引き連れて。
 リーは、ルシタナの再来が、光の剣を無事フィーンのもとに還すことを祈った。夜ごと朝ごと、ただ一心に祈った。薬草使いの少年にとって、それだけが唯一、できることだったから。
 そしていま、姉の手を引いて薬草園の小径を歩きながら、リーの足は、無意識のうちに早くなる。胸の鼓動も早くなった。
 姉の協力なしに、あの娘を助けることはできない。
 ラシルはなんというだろう。彼の話を信じ、彼を信頼してくれるだろうか……。