29

 行く手の空はいまだ残照に輝いていたが、よいやみが迫る東の空には、満月に近い月がかかっていた。
 夜のとばりが降りると、月は輝きを増し、その光に皓々こうこうと照らされた大地に、ヒューディと若駒わかごまの影がくっきりと伸びた。
 小高い丘にさしかかった若駒が、不意に速度をゆるめる。
「どうした、相棒?」
 そう声をかけたとき、西風に乗って、松明たいまつの燃える においが運ばれてきた。
「そういうことか」ヒューディは、ねぎらうように若駒のたてがみをなでる。
 そこからは慎重に歩を進めた。やがて、丘の頂きに出る。
 月光に浮かび上がった光景に、ヒューディは息を呑んだ。
 見晴らす荒野には、白い天幕が延々と張られ、その広大な野営地のそこここに、無数の松明がかれている。夜空を背景に、西の彼方には断崖だんがいがそそり立っていたが、天幕はその断崖まで続いており、野営地の北は、灰色どもの軍団で埋め尽くされていた。
 眠らぬ不死身の騎士に天幕は要らない。彼らは漆黒しっこくの馬に乗ってじっと待機し、夜風にマントをはためかせている。いつ命令が下っても、即座に進軍できる体勢だ。
 その膨大さに圧倒されながら、彼方の断崖に目を転じる。そこにも、無数の火がきらめいている。ヒューディの瞳は、大理石とおぼしきその白っぽい岩壁に吸い寄せられた。次の瞬間、その瞳が大きく見開かれる。
 ただの断崖ではない。それは、大理石のがんばんに築かれた、壮大なせっくつの建物だった。
 ダイロスの迷宮跡||
 ヒューディは、身体の芯から震える。グルバダは、二千年前のせきの上に、みずからの宮殿を築いたのだ。
 目をらすと、野営地と宮殿のあいだは少し離れているようだった。その空間にも、断崖の壁沿いにも、いくつもの松明が焚かれ、衛兵とおぼしき人影も見える。
 ユナは、あの宮殿のどこかにとらわれているに違いない。
 ヒューディは夜空を仰いだ。白銀に輝く月は、これから天空高く上がり、いっそう輝きを増す。その光をさえぎる雲は、ほとんど出ていない。まっすぐ宮殿に向かえば、たちまち見つかるだろう。
 眼下に目を戻すと、左手、野営地の南に、こんもりした木立があるのが目に留まった。点在する茂みをつたって進めば、あの木立までは行けるのではないか。野営地の周りは、ところどころ灰色の騎士が固めているが、木立のあたりには、彼らの姿はない。
 だいじょうぶだ。きっと、行ける。ヒューディは懸命に気持ちを奮い立たせる。あとのことは、そのときに考えればいい。
 脳裏に、クレナのダンスパーティの夜、レアナと別れたときのことがよみがえる。
 満月の光のもと、長い睫にふちどられたブルーグレイの瞳。彼の両肩に手をかけて背伸びをし、ほおにしてくれたやさしいキス。そっと抱きしめたときの、ほのかな花の香り……。
 ||戻ってくるの、待ってるわ||
 彼女は、耳もとでささやいた。
 ユナなしに、ウォルダナに戻るわけにはいかない。
 ヒューディはぎゅっと手綱を握りしめる。それから、地面に降り立って、若駒の首を抱きしめた。
 夜はひづめの音が響く。ここからはひとりだ。
「ありがとう」
 ささやくようにいったあと、身体を離し、万感ばんかんの思いで若駒を見つめた。黒い大きな瞳が、彼をじっと見つめ返す。
「さあ、おまえは自由だ」
 ヒューディは背を向け、振り返ることなく歩き始めた。
 
 木々の陰に身を隠しながら丘を降りると、ヒューディは、ひとつひとつ灌木かんぼくの茂みをつたって、断崖に近い木立にたどりついた。
 一瞬たりとも気は抜けない。どこに灰色がひそんでいるともしれないし、そうでなくとも、灰色どもは嗅覚きゅうかくが鋭いという。風が南寄りに変わったら、彼は風上に立つことになる。
 いまやヒューディは汗びっしょりだった。心臓は早鐘はやがねのように打ち、ドキドキと大きな音を立てている。静けさのなか、まわり中に聞こえそうなほどだ。
 それにしても、妙に静かだった。さほど遅くはないのに、野営地の方からはほとんど喧騒けんそうが聞こえない。しめやかといってもいいほどで、まるでのようだ。
 連合軍の野営地や駐屯ちゅうとん地では、兵士たちが火を囲み、故郷の歌を歌ったりしていたのに、ドロテ軍はよほど規律が厳しいのだろうか。それとも、明日の早朝、どこか戦地に向かうのだろうか。
 さまざまな思いが去来きょらいするなか、木陰に身を隠して、ぎりぎりまで断崖に近づいてみる。すると、野営地と断崖のあいだに、発掘現場があるのがわかった。ところどころ松明が焚かれ、大きな穴がいくつかぽっかりとあいている。
 きっと、光の剣を求めて掘り進めていたのだろう。剣は迷路のような宮殿の奥深くに隠されたと伝えられている。周囲に広がるという洞窟どうくつも含め、あたり一帯を探していたに違いない。
 しかし、もうその必要はない。肝心かんじんの剣が見つかったのだから。今日の午後には、光の剣は運ばれてきただろうし、それに先んじて、早馬はやうまで知らせが届いていたのではないか。
 ヒューディは、発掘現場の向こう、石窟の宮殿に目をやった。
 中央には、両側を高い円柱に囲まれた入口があり、円柱のまわりには松明が焚かれ、やりを手にした衛兵がずらりと並んでいる。おそらく、あれが正面玄関だ。
 遠くからはわからなかったが、こうして近くまでくると、正面玄関の上は、広大なテラスになっているのがわかった。そのテラスでは、夜風を受けて、ドロテの紋章もんしょうの入った黒い大きな旗がひるがえっている。
 ちょう||
 グルバダが死んだのか? 一瞬そう思ったあと、すぐに気がついた。
 イナン王子だ。死のとこにあった王子が、ついに亡くなったに違いない。野営地が静かだったのは、全軍が、王子のに服していたのだ。
 王子もこの宮殿に運ばれていたのだろうか。
 民衆に人気があったイナン王子は、グルバダに操られてほんを起こしたとささやかれている。光の剣が手に入れば、グルバダはもはや、王子の人望も威信も必要ない。むしろ、そんなものはじゃになるだけだ。
 兵士たちにどう伝えられているにせよ、王子がどのようなさいげたかは、ように察することができた。
 だが、すぐに気持ちを切り替える。考えるな。いまはユナを救うことに集中しろ。
 ひとつ大きく深呼吸をすると、彼は宮殿の入口を見やった。それから、発掘現場の松明に目を移す。
 発掘現場から潜り込めないだろうか。彼らは古い洞窟を探していたはずだ。どこかで宮殿とつながっているに違いない。どうにかして、あそこまでたどりつけないものか。
 そのとき、宮殿の奥からかけ声が聞こえてきた。ぐんの音が響き、入口に衛兵の一団が現れる。見張りにいていた兵士が、全員、そろって整列した。
 交代の時間なのか。そう思ったおりも折、あたりにさっと影が射した。
 見あげると、厚い雲が月を半分隠している。月はみるみるおおわれ、松明の明かりのほか、あたりはやみに包まれた。
 天の助け||
 ヒューディは、一刻もにしなかった。
 暗闇と衛兵交代の音にまぎれ、発掘現場の松明を目指してひと息に走った。