食事がすむと、レクストゥールはように描かれた小さな地図をテーブルに広げた。そして、万が一を考えて印は打たないから、すべてを頭に入れるようにと忠告し、この森の正確な位置と、連合軍司令部の位置を指し示した。
「あなたが光の剣を手にしたとき、グルバダは、影の剣を通してそのことを感じたはず。これまで以上に多くの騎士を各地に放ってくるでしょう」
 彼女は、ドロテに制圧された地域や危険な地域をひとつひとつ指し、どこを避けどこを通るべきかを教えた。そして、少しでもおんな気配を感じたら、彼女の教えより、直感に従うよう忠告した。
「わかりました」こたえながら、心に不安が忍びよる。果たしてわたしにできるのだろうか?
「ユナ。自分を信じて。あなたの中にある光の力を。影の力もまたあなたの中にあって、恐れや不安と共鳴して大きくなります。でも、あなたならきっと、その恐怖を乗り越えられる。わたしは、そう信じていますよ」
 レクストゥールは地図を丸めてユナに渡す。
「今度の戦いは二千年前のときほど長くはならないでしょう。グルバダは短期決戦を狙っています」
「あなたには戦争の成りゆきが見えるのですか?」ユナは聞いた。
「いくつか、可能性の未来が見えます。それぞれに、まったく違う未来が。けれども、それがすべてではありません。未来はつねに変わる可能性に満ちています。二千年前がそうだったように」
 その言葉に、心が揺れる。二千年前、ルシタナは剣を奪い返され、そのために、預言は成就じょうじゅしなかった……。
「ユナ。預言の成就はルシタナにではなく、世の人々の思いや行動にかかっていました。そのことも告げましたが、人はわたしが神から預かった言葉をそれぞれの思いで受けとりました。あの当時、預言の真の意味は、ほとんどの人には届かなかったのです……」
 声が哀しみを帯び、レクストゥールはしばし遠い瞳をする。
「そして、世界は滅亡へと突き進んでゆきました。それでも、あなたは最後まであきらめなかった。最後の一瞬まで力を尽くしたのです」
 ユナの耳に、セティ・ロルダの館でのデューの声が響いた。
 ||ルシタナは||かつてのきみは、最善を尽くしたんだ。ずっとそう信じていたけれど、きみを見て、その確信を深めたよ||
 デュー……。ユナは目をふせる。
「ええ、ユナ。あなたに弓を教えた人も、そういっていましたね」
 ユナは目を上げた。
「ルシタナの努力は、決してではありませんでした。その遺志は、世界を救おうとしたほかの者たちに、しっかりと受け継がれました。そうでなければ、いま、この世は存在していません。あのとき、あとかたもなく滅び去っていたでしょう」
 あのとき、あとかたもなく滅び去っていた||? どういう意味だろう? 二千年前、死の吹雪が吹き荒れて、世界は一度滅びたのではなかったか?
 けれども、ユナがそのことを問うより、レクストゥールがふたたび口を開く方が早かった。
「父親のランドリアも、ルシタナの遺志を継いだひとりです。彼がダイロスとの一騎討ちに臨んだのは、娘を殺された復讐ふくしゅう心からではありません。ランドリアは、最後まで世界のことを考えていました。彼もまた、最善を尽くしたのです」
 レクストゥールは静かにユナを見つめる。
「ランドリアも弓の腕に秀でていました。ルシタナは、幼いころから、彼に弓を教わったのです」
 あるひとつの確信が、突然、すべての思考を止めた。
 ユナは、その衝撃の中で、レクストゥールの澄んだ瞳を見つめ返す。
「デューは||」彼女はささやく。「デューは、ランドリア王子だったのですね……」
 すべてはそういうわけだったのだ。
 彼の瞳があれほどなつかしかったのも、彼の声があれほどやさしく感じられたのも、そして、彼のことが胸をしめつけられるほど恋しかったのも、なにもかも……。
 涙があふれ、ユナのほおを濡らす。
「エレタナは知っているのですか?」
「ええ。もちろん」
 セティ・ロルダの館での最後の朝が思いだされる。夜明け前の庭で、エレタナへの熱い想いを打ち明けたデューと、その想いを拒んだエレタナの姿が。
 ||愛を捧げた人は、ただひとりです||
 あのときなぜ、エレタナはいわなかったのだろう。あなたがそのひとりなのだと。
「悲しまないで、ユナ。必要なときには、人は思いだすものです。あなたが大切な人を思いだしたように」
 ルドウィン……。
 ユナの心は激しく揺れる。
「遅すぎたんです。思いだした次の日にあんなことになるなんて||
 胸がつまり、ふたたび涙があふれ出た。ユナは、ルドウィンを失ってから初めて、彼を想って泣いた。
 レクストゥールはユナの手に自分の手を重ねる。
「あなたはもう、心ではわかっていますね。人もフィーンも永遠の存在。わたしたちフィーンは人より長く生きるだけ。わたしたちにも、いずれ形を変えるときが訪れます」
 彼女は、重ねた手にそっと力を込めた。
「ユナ。お互いのことを想い合う魂は、必ずお互いを探しあてます」
「だったら||またいつか、ルドとも逢えますか?」
「もちろんですとも。それは、大いなる神からの贈り物なのですよ。宇宙には、孤独というものは存在しません。けれども、わたしたちは時々そのことを忘れてしまいます。ですから、宇宙の創造主は、わたしたちにそのことを思いださせるため、魂の友人たちにめぐり逢うのを助けてくださるのです。あなたが、名づけ親のもとへと導かれてきたように」
 ユナは顔を上げる。
「ユリディケ。あなたの名は、わたしが授けました。あなたのお父さまに、かつて、夢の中で」
 ユナは息を止めた。彼女が胸の奥にしまっていた父の話。それは、決して誰にも話さなかった、宝もののような話だった。ただ一度、クレナのダンス・パーティでルドウィンに話したほかは……。
「お父さまは、謙虚けんきょで誠実な方でした。ご自身のことも、世界のことも、深いところで感じていました。夢で出逢ったとき、あなたの未来のことも、心のどこかでわかったでしょう」
 目の前のレクストゥールに、ふと、長いあいだぼんやりとすら思いだせなかった父の面影が重なる。父は、より大きく遙かなる世界から、限りなくあたたかなまなざしでユナを見つめていた。
 やがて父の面影は消え、レクストゥールのいつくしみに満ちた表情にとって変わる。
「名前は祈りであり、しるしです。あなたの名は、わたしたちのよき友であったヨハンデリの詩からとりました。いまはもう残っていませんが、長い冬のあと早春の女神が地上に降り立つという古い詩の一節から」
 そして彼女は、遠い目をして暗唱した。
 
 雪けの水は調べ
 若草は野に萌えたち
 時満ちて戻りしもの
 天使ユリディケが矢を放つ……
 
 澄んだ声が森の大気に息づいて、音楽のように流れ、ユナはその響きに身をゆだねる。
「ユリディケは、古いフィーンの言葉で、輝きに満ちるもの、という意味です」
 立ちあがってユナの前に歩み寄ると、レクストゥールは身をかがめ、彼女の額にそっとキスをした。
「その光が、いつも、あなたとともにありますように」
 ユナは胸がいっぱいで、なにもこたえることができなかった。
「さあ、お別れです。森外れまで彼が送ってゆくでしょう」レクストゥールは、木立へと目をやった。
 誘われるようにそちらを見て、ユナははっと息を呑む。
 木立の中から、ぼうっと銀色の光が射していた。それはみるみる明るさを増し、木々のあいだから淡い銀色の光を帯びた狼が姿を現す。
 森の王者のような、堂々たる体躯の狼だった。額の真ん中には白い星があり、太い首のまわりは長いたてがみに縁取られ、それが月光を帯びたようにきらきらと輝いている。
 その美しい鬣を風になびかせ、狼はゆっくりと歩いてきた。ユナは立ちあがる。
 金色の瞳が、まっすぐにユナを見つめた。不思議ななつかしさが、胸を満たす。
 どこかで会った?
 ユナは心でささやき、目の前にやってきた狼の、ふさふさの鬣に顔をうずめる。狼は、太陽と月と森の匂いがした。
いにしえのフィーンの世界にいた狼です」レクストゥールがささやく。「この世界に渡ってきてからは、長らく、ランドリアとエレタナが身を隠した森にいました。ふたりがルシタナをもうけ、つかのま暮らした美しい森に」
 ユナの瞳から、涙のしずくがこぼれ落ち、狼の鬣を濡らした。
 やがてゆっくりと立ちあがったユナを、レクストゥールはやさしく抱きしめた。
「なにもかも、本当にありがとうございました」ユナはささやく。それから、かすれた声で聞いた。「また会えますか?」
 レクストゥールは身体を離し、ユナを見つめてうなずくと、ほおの涙を長い指でぬぐった。
「忘れないで、ユナ。あなたの中にすべてがあるのですよ。この木をごらんなさい」
 彼女は、テーブルの上に木陰をなげかけるにれの枝を指さす。
「この葉の一枚一枚は、それぞれ別のものだといえるかもしれないですね。けれども、大きな目で見ると、どの葉もみな、一本の幹につながっているでしょう? わたしたちも同じ。気がついていないだけで、わたしたちはみなひとつ。誰しもが、大いなるものの一部なのです」