第Ⅰ部 虹色の蝶

1

 ローレアの花が丘の上を一面に淡い水色のじゅうたんにしていた。午後の太陽が古い遺跡に降りそそぎ、それが落とした影のところだけ深みのある紫に染まっている。花から花へとみつばちが飛び交い、イチイの木では、はるうたどりが歌っている。
 ユナは、崩れかかった宮殿のなかで、あおむけに寝ながら空を見上げていた。ローレアの咲き乱れる早春からいまごろにかけてが、ユナの一番好きな季節だ。
 もうじき十七になるというのに、いつまでも気ままに家にいるので、伯母は将来を案じているが、ユナはいつもくったくなく笑うのだった。
「イルナ伯母さん、未来はきらきら輝きながら、笑顔で両手をさしのべてくるものよ」
 両親を早くに亡くし、その記憶もおぼろげではあったけれど、ユナは緑豊かなこのウォルダナで、温かな伯父夫婦に見守られ、従姉いとこのレアナとともに、なに不自由なく育った。クレナの丘を望む小さな村は、澄みきった川や白樺の森があって、夜には降るような星がきらめく。
 けれども、ほんの時おり、ふとなにかを忘れているような気がすることがあった。どこかで遠い声が自分を呼んでいるような、不思議な気持ちになることが。
 ずっと昔、誰かと大切な約束を交わさなかったろうか? 別の時代、別の世界で||
 いまもなぜかそんな気がして、ユナは眉をひそめる。それから、すぐに笑ってかぶりを振った。わたしったら、またばかなことを。
 それにしても、なんて青い空だろう。星が見えそうなほど澄んでいる。
 ユナは目を閉じ、ローレアのやさしい香りを胸いっぱいに吸いこんだ。草原を渡ってきた風が、ほおをなでてゆく。ああ、わたし、世界とひとつになっている。身体がふるえるような幸福感が、ユナを包んだ。