35

 リーは夜の薬草園へと急いでいた。
 ブレン軍医に薬草を頼まれているのだが、一番の目的はブレスレットだった。
 深夜の脱出行の際には、薬草園は通らない。いまのうちに手にしておく必要がある。
 これまでのところ、万事順調。
 リーが軍医に呼ばれたとき、軍医の助手を務めていた姉は、彼に素早くウインクをよこした。あの娘にちゃんと話せたという印だ。
 足早に歩きながら、リーは娘へと思いを馳せる。
 いまごろは、グルバダとの晩餐ばんさんのまっただなか。心の守りをしっかり固めているだろうか。秘密の匂いをかぎつかれ、執拗しつような攻撃にさらされていないだろうか。
 この宮殿を訪れるたびに、自ら発掘の陣頭指揮に立っていたグルバダ。その胸にはいつも、フィーンのダイヤモンドに対するすさまじい執念があった。そして、リーはその中に、フィーンへの羨望せんぼうと愛憎が秘められている気がしてならなかった。
 あの娘は、フィーンの血を引くルシタナの再来さいらい
 二千年前は殺したのに、今回グルバダは、彼女を生きたまま捕えた。
 そこには、フィーンのダイヤモンドだけでなく、これまで抑えられてきた、フィーンそのものへのただならぬ思いがあるのではないか。
 たとえ彼女がなにかを隠していると気づかなくとも、グルバダはただ、自分の力を思い知らせるために、彼女をとことん追いつめるだろう。そうでなければ、晩餐になど招待するはずはない。
 軍医から頼まれたのは、咲き始めたばかりのかんむりそう。冠草の花と蜜は疲労回復を助け、炎症をやわらげ、神経をしずめてくれる。新鮮であればあるほど効果が高い。
 晩餐から戻った娘には、たっぷり必要だと見込んでのことだ。ただし、彼女の消耗は、軍医の予想よりずっと激しいに違いない。
 かがりで照らされた渡り廊下に出て、薬草園のある中庭へと向かいながら、リーの胸はざわつき始めた。
 いつもなら、こんな静かな夜には、中庭のほうから、さまざまな植物の声が歌うように聞こえてくる。
 けれどいま、リーの呼吸は浅くなり、耳の奥で血液の流れる音がどくどくと大きく響いて、まわりの音はほとんど入ってこなかった。
 不安にかられながら、渡り廊下を回廊へと抜ける。
 並んだアーチのあいだから、中庭が垣間見えた。月はまだ、まわりの建物から顔をのぞかせておらず、ほのかな星明りだけが降り注ぐ薬草園は、ひっそりと闇に沈んでいる。
 彼女はだいじょうぶだろうか。
 中庭へのアーチが近づくにつれ、胸騒ぎは大きくなってゆく。
 アーチを抜けて地面へと降りたったとき、左腕から心臓にかけて、鋭い痛みが走った。リーはバスケットを取り落とす。
 彼女が追いつめられているのがわかった。理屈ではなく、全身の細胞で。
 もしもそんな状態でなかったならば、リーはきっと、闇にひそむ敵意に気がついたに違いない。
 だが、今夜の彼はひどく無防備で、飛び出してくる影に気づいたときには、がっしりとした手に喉をつかまれ、宙高く持ち上げられていた。
 アーチの壁に叩きつけられ、一瞬、意識が飛ぶ。
「このくそガキ!」低い押し殺した声。
 目を開けると、らんらんと燃えるズーラ少尉の目が、彼を睨みつけていた。
 片手で喉もとを、もう一方の手で右腕をおさえつけられ、リーの小さな身体は宙に浮いている。夜目が効く瞳に、ズーラのこめかみに浮かび上がった青筋が、ぴくぴくと痙攣けいれんするのが映った。
「いったいどういうつもりだ? え?」
 リーは空気を求めてあえぎ、両足でむなしく壁をる。自由になる左手で、首にからんだ少尉の手を引きはがそうとしたが、がっしりした太い手は、喉に食い込んだままびくともしない。
「わざと薬を変えたな!」
 ズーラの声がすごみを増し、リーはどうにかかぶりを振る。
 しっぺ返しは覚悟の上だったが、もう少しあとだと思っていたし、これほど殺気立った少尉は見たことがなかった。
「嘘をつくな!」
 嘘ではない。配合は違うが、薬は同じだ。
 ふたたびかぶりを振ったとたん、ズーラの手にぐっと力がこもり、視界がかすんだ。
 この時間、庭師は来ない。連合軍兵士の出陣を明日にひかえ、姉と彼以外、薬草使いは全員野営地に出払っており、ズーラも当然そのことを知っている。
 恐怖と苦痛の中で、リーには、あの娘の苦痛も極限に達しているのがわかった。
 気を失っちゃだめだ。必死に自分にいいきかせる。
 もしもダイヤモンドを通して、あの娘とのあいだに、目に見えないきずながあるならば、自分が耐えれば、きっと彼女も耐えられる。
 少尉の気がすむまで、あと少し。あと少し持ちこたえれば、きっと終わる||
 少尉がまたなにかいう。だが、その声はひどくくぐもり、リーにはもう、なにをいっているのかわからなかった。
 薄れゆく意識のなか、最後にやさしい面影が浮かぶ。
 お祖母ちゃん……。
 
 グルバダの言葉が耳にこだまし、ユナはなにひとつ考えることができなかった。
 あふれる涙が、とめどなくほおを濡らす。
 ||あのときも、そなたはさぞ辛かったであろう||愛する男を見殺しにして、ひとり洞窟から逃げるのは||
 ユナの胸はずたずたにされ、耐えがたい痛みに息がつまった。
 両肩に置かれていたグルバダの手に、力がこもる。それから、その手がすっとユナから離れた。
 涙でにじむ視界に、光がひらめく。
 ユナは目を瞬いた。
 ユナの前、ちょうど顔の高さで、銀色の刃が、月の光と蝋燭ろうそくの炎を帯びて、きらきらときらめいている。
 短剣||。薄いローブから少し透けて見えていた、グルバダがただひとつ帯びていた武器だ。
 本能が逃げろと叫ぶ。
 けれどユナは、身動きひとつできなかった。
 
「ズーラ少尉! なにをしているんです?」
 突然響いた声に、リーははっと意識を取り戻した。
 少尉の手が喉から離れ、どさっと地面に落ちる。息をしようとして、激しくむせた。
「ちょいと焼きを入れてやっただけだよ」上の方で少尉の声がする。
 それから、靴音が遠ざかった。
 誰かに助け起こされ、リーはどうにか空気を吸い込む。
「だいじょうぶか?」
 聞き慣れた声に、リーはびっくりした。庭師のサピだ。
 焦点を合わせようと瞬きする。目にたまっていた涙が、ひと雫ほおをつたった。
 サピはリーをアーチの壁にもたせかけてえりもとをゆるめる。
「ここで待ってろ」
 リーは黙ってサピの後ろ姿を見送った。
 喉はまるで燃えるようで、壁に叩きつけられた後頭部はガンガンし、背中や腕などあちこちが痛む。
 だが、それよりも、彼女のことが気になって仕方なかった。
 強い娘だとはわかっている。彼女の瞳を見たときに、はっきりとそう感じた。けれど、グルバダは、その強さを揺さぶるほど卑劣な手に出ているに違いない。
 彼女は、だいじょうぶだろうか。
 サピがりんの若木の手前を小径に折れたとき、回廊に四角く切り取られた空の端から、十四夜の月が姿をあらわした。
 まばゆい光が降り注ぎ、夜の薬草園が、雨で濡れたようにきらきらと輝く。
 お願いです。その美しさに打たれながら、リーは大いなる存在に祈った。どうか、彼女を守ってください。
 サピはすぐに戻ってきた。ひょろりとしてせた姿が、月光に照らされ、天の使いのように見える。
 手にしているのは冠草。あの娘に持っていくはずの薬草だ。
 サピは近づいて身をかがめる。
「ありがとう」リーはかすれた声でささやき、受け取ろうと手をのばす。
 けれど、ふるえる手には力がまったく入らず、胸もとまでも上がらない。
「じっとしてろ」
 がくからやわらかな花弁をとると、サピは彼の口を開け、片手であごをささえて舌の上にのせた。
 やさしい甘さの蜜が喉をうるおし、焼けるような痛みがやわらぐ。
 サピは月光の下でリーの襟を大きく開き、顔をしかめた。
「ひどいな……。ほかに怪我はないか?」
 彼はリーの身体をあちこち調べ、後頭部を押さえる。そっとふれられただけだったが、思わず身をすくめた。
「痛むか」
「少し」
「吐き気やひどい頭痛がしたら、すぐに軍医に診てもらえ。転んだといえばいい。少尉のことは、話せんだろう」
 いいながら、リーの袖をまくりあげる。右腕上腕部に、太い指の跡がくっきりと残っていた。
「嫌な女だ。見えないところばかり狙いやがる」
 袖を戻し、ため息まじりにかぶりを振る。
「降りてきてよかった。羽衣はごろも草がしおれてたから、夕方たっぷり水をやったんだが、寝る前にもう一度様子を見ようと思ってな」
 朴訥ぼくとつで、いつもどこかぼんやりとして、めったに口をきかないサピ。少尉を止めたときのような大声は、一度も上げたことがなく、これほど長く話したのも初めてだった。
「リー、おまえは腕のいい薬草使いだ。しかしな、それだけにやっかみを買うこともある。目立たんよう気をつけろよ」
「わかった」リーはこたえ、心でいいそえる。
 いつもはそうしてるんだよ、サピ。けど、今度ばかりは、そうはいかなかったんだ。
「軍医になにか頼まれたのか?」
「うん。この冠草を」
「だったら、もう少し摘んできてやる」
「だいじょうぶ。ほかにもあるし||」それがダイヤモンドのブレスレットだとはいえない。リーはにっこり笑ってみせた。「もう平気だよ」
 サピは、疑わしげに彼を見る。
 だが、リーがよろめきながら立ち上がろうとすると、黙って手を貸した。
「ほんとにありがとう」
 サピは、いいさというように肩をすくめる。
「俺は羽衣草の面倒を見てくる。なにかあったら声をかけるんだぞ」
「ありがとう。そうするよ」