ごあいさつ 復刊に寄せて

 緑に囲まれた国ウォルダナで自由気ままな毎日を送っていたユナは、ダンスパーティの夜、伝説の娘の生まれかわりだと告げられる||。『ユリディケ 時をこえた旅人たちの物語』は、そんなユナの苦難と冒険の旅を描いたファンタジー。〈サラファーンの星〉四部作(東京創元社)の二千年後を描いた作品です。
 一九八九年に理論社より刊行され、長らく絶版でしたが、ここにネット連載という形でお届けすることになりました。初版から三十年ぶりの復刊です。
 シリーズではなく、独立した作品ですので、〈サラファーンの星〉の後日譚としてはもちろん、『ユリディケ』だけ読んでいただいてもよいですし、『ユリディケ』から読んでいただいてもかまいません。二千年前の出来事が伝説として出てきますが、伝説ではすべては伝えられておらず、こちらから〈サラファーンの星〉へと時代をさかのぼると、なぜ伝えられなかったのかも含め、秘められた過去が明かされていくようになっています。
 物語のインスピレーションが降ってきたのは、世界が軍拡で揺れた時代。地球温暖化が叫ばれ始めた時代でもありました。戦争と環境破壊の脅威。世界はどこへ行くのか。どうすればこの流れを止められるのか。ひとりの人間の存在は、あまりに小さく無力に思えました。そしてまた、わたし自身の人生も崩壊寸前でした。
 そんなとき、突然さした一条の光。
 わたしは、熱に浮かされたように若者たちの冒険の旅路を綴りました。不確かな未来のなか、人生の暗闇のなかで、ひとつの希望の物語として。
 やがて幸運な出会いに恵まれて『ユリディケ』が世に出た当初、わたしは前日譚を書き始めていました。どちらからでも読める双子の作品として、すぐに発表するつもりだったのです。けれども、諸々の事情で長い中断が入り、ふたたび物語に戻ったときには、〈サラファーンの星〉は、初めに思っていた以上の広がりを見せ始めていました。わたしの文体も、情景や心情描写を含め、ずいぶん変わっていました。
 今回『ユリディケ』を改稿するにあたっては、四部作のシリーズとして、すべてを書き直すのもひとつの方法だったでしょう。ただ、そうすると、若き日に情熱がほとばしるまま書き綴った物語とは、まったく別の作品になってしまう。つたないけれど、最初に執筆したときの息吹を残したい||。それが素直な思いでした。その上で、矛盾やギャップが出てきたところはきちんと改め、〈サラファーンの星〉のよすがとなるようなエッセンスも、随所にちりばめられたらと思っています。
 連載のペースは月二回。初回は冒頭の詩から第二章までを公開し、そのあとは一章ずつ第二第四水曜日に掲載する予定です。
 一年ほどの連載となりますが、楽しんでいただけたらうれしいです。
 
 二〇一九年 新春